韓国旅行「コネスト」 中南米の初韓国人市長「がん闘病の末に再選成功、セマウル運動導入する」。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

中南米の初韓国人市長「がん闘病の末に再選成功、セマウル運動導入する」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
2回目で、さらに容易ではなかった。中南米で最初の韓国人市長として注目されたペルーのチャンチャマイヨ市のチョン・フンウォン市長(67)が再選に成功した。2位との票差は277票だった。5日に投開票を行った後、検票を経て当選が確定した彼に電子メールで取材した。

実は誰よりも再選が切実だったのはチョン市長自身だった。昨年末、心臓から肺にがん細胞が転移したという事実を知った。すでに3人の子供のうち2人を病気でなくした彼だ。チョン市長は「私になぜ再びこんな試練がやってきたのかと絶望的だった」と思い返した。だが治療のために訪れた韓国のある病院の医師から「がん細胞と闘おうとするな。代わりに人生の目標を再び立ててみたら」というアドバイスをもらう。その時「ならば、いつ死ぬかも分からないので市長としての責務を尽くしてみよう」と決心した。幸い病状が悪化せず今回の選挙に出馬できた。

チョン市長はアルベルト・フジモリ元ペルー大統領の誘いでチャンチャマイヨ市長選挙に出た。1986年にアルゼンチンに渡ってきて96年にペルーのリマに移ってきた。2000年には人口20万人のチャンチャマイヨに定住した。現地で飲食店を経営しながら無料給食などを通して貧しい人々を助けた。2010年、当時4選の現職市長をしりぞけて市長になった。

韓国に彼の名前が知られながらチャンチャマイヨを支援しようという提案も続いた。ソウル市の支援で上水道改善事業が進行中で、韓国国際協力団(KOICA)が保健所を作っている。チョン市長は「韓国のセマウル運動モデルを導入して、立ち遅れたチャンチャマイヨを改善したい」という抱負を明らかにした。この地域の良質なコーヒーを広く知らしめたい欲もある。海抜1500~2000メートルの高地にあるチャンチャイマヨは、コーヒー栽培に適している。

市長の月給を全額寄付することも変わっていないという。チョン市長は「市長の月給は韓国で約150万ウォン(約15万円)程度だ。これで遊び場4つを作ることができる」と話した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2014年10月30日 12:04
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国ビール「TERRA」の輸出開始
韓国の新規コロナ感染者635人
ブラックピンク 来月ライブCD発売
ワクチン休暇広がる?大企業が検討中
大手事務所サイダスHQ代表が辞任へ
韓国の新規コロナ感染者511人
済州航空・機内食カフェがオープン
BoAの兄が腹膜がんを告白
海外で韓国のチョコパイが人気
電動キックボード 原付き免許必要に
週間アクセスランキング
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
21.05.06
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
21.05.06
海外で韓国のチョコパイが人気
21.05.11
済州航空日本線の取消変更1回無料に
21.05.07
ユン・ヨジョン 8日に凱旋
21.05.07
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]