韓国旅行「コネスト」 韓国の若年に中国語ブーム 就職や仕事でニーズ高まる 。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

韓国の若年に中国語ブーム 就職や仕事でニーズ高まる

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】最近、韓国で中国語の勉強に時間を費やす若い世代が増え、外国語教材の売り上げで絶対的な存在だった英語のシェアを脅かすまでになっている。

 インターネット通販大手の11番街によると、今年1月から10月22日までの外国語教材の売上高シェアで英語は全体の40%を占めたものの、前年同期(59%)より19ポイント減少した。

 これに対し、中国語は前年同期の15%から今年は33%へと急増。英語との差を急激に縮めている。

 中国語教材の売り上げは今年に入って54%増え、同期間の英語教材の売り上げ増加率(23%)の倍以上に達した。

 11番街の担当者は「中国の消費者を相手に商品開発や営業を行うケースが増え、中国語に長けた人材を求める企業が増えている」と指摘。就職や仕事のため中国語を学ぶ人が急増した結果を反映していると説明した。

 今年、中国語教材を購入した人を年代別に見ると、20代と30代がそれぞれ38%、37%で大部分を占めた。50代以上は昨年の1%から今年は4%に増えた。

 大学入試のため中国語を勉強する10代の生徒が多かった数年前とは違った様相を見せている。

 英語と中国語に次いで売り上げが多かったのは日本語で18%だった。続いてスペイン語(3%)、ドイツ語(2%)、フランス語(1%)となった。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2014年10月28日 11:09
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者418人
ホン・サンス監督ベルリン脚本賞受賞
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
ワクチンCOVAXから105万人分
文大統領 首席秘書官の辞表受理
スーバージュニア 遂に新音盤発売
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
週間アクセスランキング
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
21.03.04
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]