韓国旅行「コネスト」 韓国“国民的マクチャンドラマ”『来た!チャン・ボリ』、人気の秘訣とは?。韓国の芸能ニュース
KONEST

韓国“国民的マクチャンドラマ”『来た!チャン・ボリ』、人気の秘訣とは?

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
『来た!チャン・ボリ』は今年放送されたドラマで最も高い視聴率(37.3%)を記録した。出生の秘密、奇想天外な悪女キャラなど、「マクチャンドラマ」(訳註:複雑な人間関係がおりなす非現実的なドラマ)の要素をすべてそろえている。しかし「マクチャンドラマ」と責められるだけにはとどまらず、新鮮な要素もあった。

同作がすべての年齢層で人気を得た最も大きな理由は、刺激的でありつつも不快ではないストーリー展開だったところだ。劇中ヨン・ミンジョン(イ・ユリ扮)はあらゆる悪行にひととおり手を染める。そのようなヨン・ミンジョンが悪行の限りを尽くして順調に話が進んでいけば視聴者からの怨みも相当だったことだろう。しかしヨン・ミンジョンは毎回危機に直面し、窮地に追い込まれる。夫のイ・ジェヒ(イ・チャンソク扮)についた嘘がばれるか不安に震えて戦々恐々とする“隙のある”悪女だった。また、韓服ショップの社長になりたいという夢は素朴だ。イ・ユリの優れた演技まで相まって、比較的現実的な悪女像が生まれた。主人公のチャン・ボリ(オ・ヨンソ扮)はキャラクターが明るく個性的で、イ・ジェファ(キム・ジフン扮)とのロマンスも劇の活気を吹き込みながら「マクチャン」に新鮮味を加えた。

あわせてキャラクターの行動にはそれなりの理由が付与され、視聴者の共感度がアップした。ムン・ジサン役の俳優ソン・ヒョクは、最近の韓国日刊スポーツとのインタビューで「すべてのキャラクターがある行動を取るにはそれなりの理由があった。ヨン・ミンジョンだけでなく、チャン・ボリやムン・ジサンらすべてのキャラクターがある行動をする時、そうしなければならない理由を十分に描いたので共感を得られたのだと思う」とし「ヨン・ミンジョンは育った環境が不遇だったし、欲の強いキャラクターだった。不幸だった過去に戻りたくないがためにじたばたする人物という点がよく表現された」と説明した。

偶然の乱発と蓋然性の全くないストーリーはマクチャンドラマの必須要素だ。『来た!チャン・ボリ』は刺激的な設定は指摘されたものの、ある程度の蓋然性はあったという評価を受けた。昨年放送されたMBC(文化放送)『オーロラ姫』の場合、ストーリーとかけ離れたキャラクターの死と降板で論議を呼んだ。だが『来た!チャン・ボリ』はドラマの流れだけは悪くなかったという評価を得た。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2014年10月13日 17:05
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国製薬社 ワクチン臨床試験に着手
NU'ESTが7年ぶりフルアルバム
ロゼ 二つのギネス世界記録認定
新型コロナ流行の「第4波」警告
イ・ジュニク監督新作 週末興行1位
BTS17日にイベント無料配信
韓国の新規コロナ感染者587人
きょうから屋内でマスク常時着用
ユン・ヨジョン英アカデミー賞受賞
アストラ製ワクチンの接種再開へ
週間アクセスランキング
女優オム・ジウォン、結婚7年で離婚
21.04.07
ハ・ジウォンが画家に すでに売却も
21.04.07
ソウル市 月2で肉無し学校給食
21.04.08
ソウルの新市長にオ・セフン氏が当選
21.04.08
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]