韓国旅行「コネスト」 <特集>李相睦教授の特別な授業 -1。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

<特集>李相睦教授の特別な授業 -1

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
ソウル大のスティーブン・ホーキング

4日午後1時、ソウル大の自然学部の教室。電動車椅子に乗った中年の男性が教室に入ってきた。彼の身体はベルトで車椅子に固定されている。手と足もやはり紐で固定されている。彼が動かせるのは頭だけだ。筋萎縮性側索硬化症によって体がまひした天才物理学者、まるで「スティーブン・ホーキング博士」をイメージさせるようだった。

彼はソウル大地球環境科学部李相睦(イ・サンモク、46)教授。今年初めての講義だった。李教授は2年前、交通事故に遭い、首から下の部分が完全にまひしている。しかし教壇に立った彼は授業を円滑に進めた。授業の解説もずば抜けていた。

李教授は車椅子とつながっている「息で動くマウス」に唇を当てた。プロジェクターを通じて見えるコンピューターの画面のカーソルが反応し始めた。クリック、ダブルクリック、ドラッグを自由自在に操り講義を続けた。マウスの先を吸えば「左クリック」、吹けば「右クリック」、2度吸えば「ダブルクリック」が実行される。李教授の口は「10本の指が生えた手」と同じだった。この日、海洋地質学を紹介する「海の探求」という講義のために彼は9時間かけて授業準備に取り掛かった。音声を文字に変換する「認識プログラム」を通じて文章を作りそれをまとめた。

昨年から李教授の講義アシスタントを務めているソ・ビョンダルさん(25、大学院2年)は「授業を受けている間、先生に障害があるということを忘れるくらいだ」と述べ「体が健康な私にも大きな刺激になる」と語った。

◇李相睦教授=ソウル大海洋学科を卒業し1995年MITで「海洋地質学」博士の学位を取得した。英国ダラム大学で研究員として98年まで活動した。2004年ソウル大教授に採用された。事故に遭う前まで彼は1年に3~4カ月を太平洋や北極海、南極で研究活動をしていた。
 
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年03月05日 12:28
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
I.O.I 約束通り5周年に再集結
テミン、5月31日に軍楽隊入隊へ
韓国の新規コロナ感染者549人
5月から世界のマックでBTSコラボ
Apinkがデビュー10周年
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
ソウルで設立10周年の記念写真展
チェ・テジュン来月18日服務終了へ
昨年のアサヒビール輸入額が7割減
韓国ラッパーのイ・ヒョンベさん死去
週間アクセスランキング
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
21.04.15
パクソジュンら主演映画クランクイン
21.04.16
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
21.04.15
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
21.04.16
JYPがオーガニック化粧品に出資 
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]