韓国旅行「コネスト」 検閲恐れてカカオトーク脱出…ユーザー1週間で40万人減少=韓国(1)。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

検閲恐れてカカオトーク脱出…ユーザー1週間で40万人減少=韓国(1)

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
プライバシー保護がグローバル情報技術(IT)業界の話題に浮上した。カカオトークのようなモバイルメッセンジャーや各種ソーシャルネットワークサービス(SNS)に残した個人情報に捜査・情報機関が手を伸ばすという事実があらわれながらだ。情報の露出を敬遠する消費者の心をつかむために海外のIT企業は足早に動いている。企業として生き残るためだ。だがカカオトークなどの韓国企業は戸惑いながら、むしろ消費者不信を育てている。

世界最大のSNSであるフェイスブックは、匿名基盤のモバイルメッセンジャーを近く発売する予定だ。ニューヨーク・タイムズは7日(現地時間)、「フェイスブックがいくつかの仮名でチャットできるモバイルメッセージングアプリを開発中」と報道した。

これまでフェイスブックは実名こそがフェイスブックの差別点だとして実名に固執していた。こうしたフェイスブックが匿名サービスを始める理由は、個人情報の露出を理由にフェイスブックを抜ける10~20代の若い消費者を捕まえるためだ。似たような理由でフェイスブックはユーザーが自分の掲示物を一定程時間が過ぎれば削除されるよう予約する機能も実験中だ。

米国などでは受信者がメッセージを確認したらメッセージがすぐに消えるという揮発性のメッセンジャーアプリ「スナップチャット」も昨年から人気だ。企業サーバーではない個人の端末ですらメッセージを残さないほどに情報露出を嫌う消費者心理に食い込んだ。ドイツのモバイルメッセンジャー、テレグレムは強力なセキュリティー機能でカカオトークの代わりとして浮上した。テレグラムはサーバーが海外にあるところに対話内容が皆暗号化されている。最近ではハングルバージョンまで出した。

ツイッターは、さらに一歩踏み込んだ。7日(現地時間)、ユーザー情報を過度に要求する米国政府と訴訟戦を始めた。米情報機関がツイッターに要請する個人情報照会・監察の内訳や詳しい内容、照会件数を公開できないようにする方法が違憲だという主張だ。米政府の情報要求事項をさらに積極的に公開して、むしろ消費者の信頼を確保しようとする戦略だ。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2014年10月10日 14:54
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
電子渡航認証制度のサイトがオープン
政府コロナ対応の世論評価が逆転
漫画「鬼滅の刃」最終巻総合1位
韓国の新規コロナ感染者797人
ジミンの衣装 オークション取りやめ
ソウル市長就任式、コロナで来賓3人
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
「アースデー」青瓦台は菜食メニュー
昌徳宮で楽しむ夜間観覧 29日から
川端康成の小説集 韓国で翻訳出版
韓国コロナ余波で昨年10大経済国に
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
週間アクセスランキング
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
21.04.22
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
21.04.19
5月から世界のマックでBTSコラボ
21.04.20
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
21.04.21
JYPがオーガニック化粧品に出資 
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]