韓国旅行「コネスト」 9月の韓国造船受注量 日本に抜かれ3位へ転落 。韓国の経済ニュース
KONEST

9月の韓国造船受注量 日本に抜かれ3位へ転落

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】9月の船舶受注量で韓国は円安を追い風に勢いを増す日本の造船業界に押され3位に転落した。

造船業界と海運・造船市況分析機関の英クラークソンによると、9月の国別受注は韓国が42万1528CGT(標準貨物船換算トン数)で、市場シェア20.7%を記録した。受注量トップは中国で92万2800CGT(同45.3%)、次いで日本が55万1850CGT(同27.1%)となった。

韓国が月間ベースで日本に抜かれたのは4月と6月に続き今年に入って3回目。

円安で価格競争力が高まった日本の造船業界に本格的な復活の兆しが見えたと言える。

昨年までは日本の受注規模は韓国(299億8400万ドル、3兆2300億円)の6分の1の水準に当たる52億300万ドルだった。高い人件費に円高が加わり韓国や中国との受注競争で劣勢を強いられた。

だが、このところの円安を背景に韓国や中国との船の価格差をつめてきている。

業界の専門家は、円安で価格が15%ほど安くなり日本造船業の価格競争力が高まっていると指摘。韓国造船業界は一般商船やLNG(液化天然ガス)船などを主力とする日本と競合するため、円安の影響を受けやすいと説明した。

さらに、日本の造船業界は合併や共同出資などを通じた大型化を行い5社体制に転換した。

また、日本政府は造船業育成を目指し船の価格の最大80%まで船舶融資を利子率1%で提供する支援策を実施した。

このため、韓国造船業界は中国に加え日本とシェアを争うことになり、世界造船業界の構図も韓国と中国の2強から韓中日の3強へと変化した。

韓国造船協会関係者は、「コストカットや技術競争力強化を目指す最近の中国と日本の動きは、韓国大手造船企業をターゲットにした戦略的対応だ。これまで大型船市場で韓国が持っていた競争力が失われる恐れがある」と話した。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2014年10月10日 14:26
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
新規コロナ感染者数406人
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
大型アップルストア汝矣島にオープン
T-ARAジヨン殺害脅迫受け捜査求
元X1スンヨン、自作曲で来月カムバ
韓国ワクチン第1号接種者はだれ?
移送中に適正温度外れ、ワクチン回収
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]