韓国旅行「コネスト」 韓国金融市場、中国人民元の比率高まる。韓国の経済ニュース
KONEST

韓国金融市場、中国人民元の比率高まる

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国金融市場で「中国寄り」現象が強まっている。預金、貸出、投資を網羅する。

韓国銀行(韓銀)によると、国内の外国通貨預金は9月、636億8000万ドル(約68兆ウォン)だった。うち203億5000万ドル(32%)が中国人民元だ。人民元の預金比率が30%を超えたのは今回が初めて。米ドル、日本円、ユーロ預金が減り、外貨預金総額は1カ月に比べ49億2000万ドル減少したが、人民元だけが2%ほど増えた。増加ペースも速い。昨年初めまで人民元預金比率は1%にもならなかった。

チョン・ジェファン韓銀国際局課長は「人民元の預金金利が年3%台と、他の預金より相対的に高いため」とし「人民元預金をしているのはほとんど証券・保険会社など機関投資家」と説明した。

中国資本の「人海戦術」は国内資本市場ものみ込む勢いだ。金融監督院の集計の結果、中国の投資家が今年1-9月に購入した国内上場株式・債券金額(買い越し額基準)は3兆2250億ウォンと、米国(3兆1290億ウォン)、日本(2兆4960億ウォン)を上回った。昨年は米国が1位だった。

韓国金融市場に吹く“中国熱風”に対する警告音も高まっている。英国の経済予測機関オックスフォードエコノミクス(OE)は最近、「中国で金融危機が発生すれば韓国はどうなるのか」と題した報告書を出した。「今年に入り韓国金融圏の外貨借入のうち中国人民元の比率は25%にのぼる」と指摘した。続いて「2015年に中国で金融危機が発生し、中国の経済成長率が2%で下落(現在の予想7%台)すると仮定した場合、2015年と2016年の韓国の経済成長率は世界平均の1%台より低い0%線にとどまる」という見方を示した。OEは「韓銀が危機対応レベルで政策金利を1.5%(現2.25%)まで下げるという前提でのシナリオ」とし「貿易はもちろん金融でも中国との連係が急速に強まったため」と指摘した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2014年10月09日 10:24
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
「マッコリ醸造」が韓国無形文化財に
キューブ 新グループデビューを予告
板門店見学ツアー 4カ月ぶり再開へ
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
韓国の新規コロナ感染者698人
韓国人教授 エコな花粉スポンジ開発
韓国入り脱北者 前年の7割減
東京五輪まで100日 韓国の目標は
BTSジミンの衣装 オークションに
週間アクセスランキング
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
ユン・ゲサン漫画原作ドラマ主役に
21.04.09
5人以上の集まり禁止3週間延長
21.04.09
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]