韓国旅行「コネスト」 <釜山国際映画祭>巨匠・新鋭に幅広く光…注目の作品は?(1)。韓国の芸能ニュース
KONEST

<釜山国際映画祭>巨匠・新鋭に幅広く光…注目の作品は?(1)

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
釜山(プサン)の季節、映画祭の季節がやって来た。今年で第19回を迎える釜山国際映画祭が2日、10日間の日程でスタートした。映画祭の開幕作『軍中楽園(Paradise in Service)』(鈕承澤監督)は、中国本土と対立していた1960年代の台湾を背景にした映画だ。軍中楽園と呼ばれる軍営内の公娼で、売春女性らとの愛に落ちる兵士たちの話を穏やかに描き出した。公娼で売春婦の管理業務を担当することになった新兵パオ(阮經天、イーサン・ルァン)が、そこで働く女と愛に落ちる話を中心に、周辺人物の描写にも力を込めた。何よりもその時代の悲劇に細やかに光を当てて、運命に逆らえなかった人々を温かい視線で眺めた点が引き立つ。

メガホンを取った鈕承澤監督はもともと俳優から始めて『Monga(モンガに散る)』(2010)、『愛(LOVE)』(2012)など多彩なジャンルの映画を手がけてきた監督だ。4本目の長編映画で釜山を訪れた彼は、この日に開いた記者会見で「韓国人と中華民族は似たような歴史的苦痛を体験した。映画の中の時代問題、その中で互いに恋しがるしかない運命を迎えた主人公の心を最もよく理解する人々も2つの民族だ思っている」と所感を明らかにした。イ・ヨングァン執行委員長はこの作品について「私たちの過去だけでなく今現在とも関係がなくはない主題」として「釜山国際映画祭がアジアの疎通と和解、そして癒しをもたらす場であるから、開幕作としておあつらえ向きの作品」と説明した。

開幕作の上映に先立ち、この日午後6時から日本俳優・渡辺謙とムン・ソリの司会で釜山の映画の殿堂で開幕式が開かれた。アン・ソンギ、キム・ヒエ、チョン・ウソンら韓国のトップスターはもちろんタン・ウェイ、浅野忠信ら世界的な俳優や映画監督が参加して華を添えた。中国俳優タン・ウェイはレッドカーペットを歩く途中にパンダのぬいぐるみをファンたちに向かって投げて歓呼を受けていた。「このように良い天気に釜山国際映画祭の幕を上げることになり、非常に幸いだと思う」という徐秉洙(ソ・ビョンス)釜山市長の祝辞を始まりに開幕公演などが続いて雰囲気は盛り上がった。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2014年10月03日 12:09
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
尹大統領支持率が3カ月半ぶり高水準
ENHYPENが米チャートイン
求職もしない大卒者 上半期過去最多
文体部蹴球代表監督選任過程の監査に
角野隼斗11月にソウルでリサイタル
BIGBANGのSOLソロコン開催
韓日中の大学生が「外交キャンプ」
世界的システム障害 韓国でも影響
韓国イースター 仁川―沖縄線を就航
BTSジミン 「MUSE」リリース
週間アクセスランキング
ソウル全域に大雨警報発令
24.07.17
俳優ピョン・ウソク「過剰警護」炎上
24.07.16
チョ・インソンが大阪でファンミ開催
24.07.17
歌手兼俳優のイ・ジフンがパパに
24.07.18
パリ五輪選手団の公式服装を嘲弄
24.07.19
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]