韓国旅行「コネスト」 「鉄甲を廻らせ芸術を着せる」…韓国建築界に新たなリフォームの風(1)。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

「鉄甲を廻らせ芸術を着せる」…韓国建築界に新たなリフォームの風(1)

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
ソウル江南区論硯洞(カンナムグ・ノンヒョンドン)のある住宅街路地。規模が大きな連立・単独住宅が集まっているここに、最近ユニークな外観で目を引く建物が登場した。“鉄甲を廻らせた家”だ。瓦屋根の下の本体を取り囲んだ黒い鉄甲の幾何学的な形態とパターンが強烈だ。それだけではない。以前は何もなかった庭の地下にはギャラリーとして使える空間が2カ所もできた。過去30年間、住宅として使われてきた建物が新しく生まれ変わって人生の「第2ラウンド」を準備している。

昔の真っ赤なレンガ造りからの変身だ。用途が変更されたここは今後事務展示空間として使われる予定だ。1970~80年代に建てられた家はなにもここだけではない。同じ場所で長い時間を過ごした多くの住宅と建物が新築と再生の岐路に立っているこの時代、平凡だったこの洋館の変化は最近進化しているリフォームの一つの風景を見せてくれるものだ。

この住宅の変身は材料とディテール表現を探求してきた建築家イ・ジョンフン氏(38、造好建築代表)が最近完成させた。仏パリと英ロンドンでそれぞれ世界的な建築家の坂茂氏とザハ・ハディッド氏の設計事務所で実務経験を積んだイ氏は、2010年に竣工した京畿道龍仁市宝亭洞(ヨンインシ・ポジョンドン)のヘルマ駐車ビル(「Herma Parking Building」)設計で韓国建築界に新鮮な風を吹き入れていた。そのような彼が最近打ち込んでいた作業が「古くなった家との同行」実験だ。

◆「感覚」で通じ合った建築主と建築家=この建物のデザインは有名なCM監督である建築主と建築家の出会いから生まれた。建築主は古くなった家を購入して土地登記を終えるとイ氏に設計を依頼したという。一面識もない関係だった。このCM監督は数年前に新聞に掲載されたイ氏による設計建物を初めて見て彼の作業を注意深く見てきたという。「韓国にもこのような建築家がいるという事実がうれしかった。レンガやスチールなどさまざまな材料の質感、レンガを積み上げて生み出すパターン、そして建物に入ってくる光の多彩な変化まで考えている点が、私のやっている映像作業と大きく違わないと感じた」。建築主の説明だ。撮影のために海外出張をし、古くなった建物を現代的な感覚でリフォームして使う事例をたくさん見てきたというこの建築主は「古い家は崩したくない。ただ完全に新しく見えるようにしてほしい」と依頼したという。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2014年09月16日 16:20
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者416人
ワクチン接種 開始9日で30人万超
「社会的距離」草案4段階に簡素化へ
ホン・サンス監督ベルリン脚本賞受賞
電車でハンバーガー食べた女性を立件
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
週間アクセスランキング
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
ワクチン副反応が新たに860件
21.03.05
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]