韓国旅行「コネスト」 預金金利1%台に落ち込むか 超低金利時代へ=韓国。韓国の経済ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
KONEST
【快適列車で地方旅へ】高速鉄道 KTX乗車券予約
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

Wi-Fi・携帯
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン

預金金利1%台に落ち込むか 超低金利時代へ=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が政策金利を引き下げたことを受け、市中銀行の預金金利の低下が相次ぎ、韓国も年1%台の超低金利時代に入るとの懸念が広がっている。高齢者ら利息収入で生活する人が増えており、対策づくりが急がれている。

 世界的な金融危機に陥った2008年、年5.87%だった市中銀行の1年物定期預金の利率は10年に3.86%、13年に2.89%に低下し、今年6月は2.68%に落ち込んだ。この2カ月間、市中銀行が預金金利を相次いで引き下げ、実質金利は2.2~2.3%となっている。

 今月14日、韓国銀行が政策金利を年2.50%から2.25%に引き下げ、年2%台の定期預金商品もなくなる見通しだ。専門家らは政策金利の追加の引き下げが行われると予想している。サムスン経済研究所のチョン・ヒョチャン首席研究員は「韓国はすでに超低金利時代に入った」と分析している。

 利息収入の減少は高齢層に大きな打撃を与える。米国や欧州、日本などの先進国は老後の所得に年金が占める割合が6~8割に達するが、韓国は13%にすぎない。高齢者福祉も十分に整っておらず、利息収入の減少は高齢層の消費減少や生活水準の低下に直結しかねない。

 12年の家計の利息収入は49兆ウォン(約4兆9000億円)で、家計所得全体に占める割合は1割に上る。利息収入の減少は家計収入の減少と消費の低迷につながる懸念がある。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2014年08月17日 13:33

関連記事

PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
大韓航空機内で女児が応急処置で回復
文大統領の支持率 不支持が上回る
セブチ、ワールドツアー観戦ポイント
アン・ジェヒョン離婚論議で広告中断
大学生が就職したい企業はネイバー
アンジー、韓国で米ハリス大使と会う
TWICE、ソリバダアワーズで3冠
BTSを育てたパン代表が描く今後
景福宮、9月中旬から夜間特別観覧
女優スヒョン、米企業韓国代表と熱愛
週間アクセスランキング
新羅ホテルのお土産スイーツが話...
19.08.19
シン・ミナ、優雅な雰囲気のグラ...
19.08.19
ク・ヘソン、離婚に合意していな...
19.08.19
チョン・へイン、心和むカップル
19.08.20
女優スヒョン、米企業韓国代表と...
19.08.22
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2019 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]