韓国旅行「コネスト」 韓国最大「カカオトーク」がモバイル決済…銀行の二面戦略(1)。韓国の経済ニュース
KONEST

韓国最大「カカオトーク」がモバイル決済…銀行の二面戦略(1)

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
モバイル金融サービスの利用者が増え戦国時代が到来した。韓国最多加入者を保有しているカカオトークが早ければ来月にもモバイル送金決済市場進出を控えている。中国最大のオンライン決済会社アリペイも韓国の法律に基づいた先払い式電子支払い手段発行業者として登録することを議論中だ。金融会社はカカオと提携して安定した消費者確保に乗り出しつつ、独自に開発して運営中の電子ウォレットの強化にも乗り出している。

韓国銀行と統計庁によると、スマートフォンを利用したモバイルバンキングの登録者数は今年4000万人を超えた。利用件数もインターネットバンキングの43%まで拡大した。カードなどを活用したモバイルショッピング取り引き額は3兆1930億ウォンでオンラインショッピング取り引き額10兆5830億ウォンの30%に達する。第2四半期基準でオンラインショッピング取り引き額は前年比14.4%増加したが、モバイルを通じた取り引き額は136.9%増えた。急速にモバイルへシフトする顧客の動きに合わせ金融会社やIT企業の競争も激しくなるほかない。

カカオトークの小額送金・決済サービスの「バンクウォレットカカオ」は韓国内14の銀行と組んだ。ウリィ銀行、国民銀行、新韓(シンハン)銀行、SC第一銀行、外換(ウセファン)銀行、釜山(プサン)銀行、農協銀行、水協銀行、韓国シティ銀行、大邱(テグ)銀行、慶南(キョンナム)銀行、全北(チョンブク)銀行、光州(クァンジュ)銀行、済州(チェジュ)銀行だ。仮想のウォレットを作ることにより利用者同士で1回に最大10万ウォンまで振り替えができ、1日50万ウォンまでチャージが可能なサービスだ。

他の都市銀行と異なりハナ銀行はこのサービスに参加しない。公式には「事故が発生した際の責任の所在やプロセスが明確でない」という理由を挙げているが、まずは独自に開発し運営中の電子ウォレットの改編にもう少し力を注ぐもようだ。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2014年08月06日 11:56
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者701人
新海誠監督のアニメ映画 全作上映へ
ユン・ヨジョン 8日に凱旋
ソウルなど全国各地に黄砂危機警報 
韓国人「幸福度」コロナ第2波時最低
済州航空日本線の取消変更1回無料に
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
新型コロナのセルフ検査キットを販売
こどもの日に株式をプレゼント?
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
週間アクセスランキング
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
21.05.06
非婚出産のサユリ息子と人気番組出演
21.05.03
ワクチン接種も278人がコロナ感染
21.05.04
ワクチン接種者 きょうから隔離免除
21.05.05
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
21.05.06
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]