韓国旅行「コネスト」 クラゲ探知・除去ロボット、南海に出動=韓国。韓国の経済ニュース
KONEST

クラゲ探知・除去ロボット、南海に出動=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
海洋水産部は知能型ロボットなどを利用してクラゲを自動で探知・除去する統合防除システムを、早ければ今月末から試験的に運用すると15日明らかにした。このシステムは、クラゲの出現状況を感知・予測する「スマート浮漂」とクラゲを追跡して粉砕する「知能型ロボット」で構成されている。

スマート浮漂は、海上でクラゲ大量出現の状況確認や移動経路の分析などの作業を進めて情報提供する役割をする。知能型ロボットは、自律走行用の衛星利用測位システム(GPS)アンテナとクラゲ粉砕用水中モーターなどを搭載している。

統合防除センターがスマート浮漂からクラゲ出現に関連する情報を伝えられた後、ロボットに通知すれば出動してクラゲを除去する方式だ。海水部はこのシステムをミズクラゲの主な棲息地である慶尚南道(キョンサンナムド)の馬山(マサン)湾の近隣海域で試験的に稼動する予定だ。まず3台(1編隊)を配置して、試験運行が成功すれば9台(3編隊)に増やして運用する予定だ。試験稼働予算は11億ウォン(約1億800万円)。ソ・チャンウ海水部漁業資源政策官は「このシステムが成功すれば、近海に出没するクラゲを速かに処理できる基盤が作られる」としながら「そうなれば漁業者や海水浴場利用者らの被害が大幅に減るだろう」と話した。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2014年07月16日 17:35
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
CNBLUEヨンファ ファンミ開催
7月から新しい防疫基準を適用
韓国ビール「TERRA」の輸出開始
韓国の新規コロナ感染者635人
ブラックピンク 来月ライブCD発売
ワクチン休暇広がる?大企業が検討中
大手事務所サイダスHQ代表が辞任へ
済州航空・機内食カフェがオープン
BoAの兄が腹膜がんを告白
海外で韓国のチョコパイが人気
週間アクセスランキング
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
21.05.06
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
21.05.06
海外で韓国のチョコパイが人気
21.05.11
済州航空日本線の取消変更1回無料に
21.05.07
ユン・ヨジョン 8日に凱旋
21.05.07
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]