韓国旅行「コネスト」 民防衛、創立39年にして初めての「全国火災避難訓練」=韓国。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

民防衛、創立39年にして初めての「全国火災避難訓練」=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
全国で実戦と同じ火災避難訓練が1975年以来、39年後にして初めて実施される。

消防防災庁のソン・ギソク民間防衛課長は18日「セウォル号惨事以後、全国単位での初めての民間防衛訓練であり、75年の民間防衛創設以後、初めてとなる全国規模火災避難訓練を20日午後2時から20分間行う予定」と明らかにした。

これまでは企業の営業被害、消費者のショッピングの便宜などを理由に実戦と同じ火災避難訓練を行わなかったが、セウォル号惨事以後、安全への警戒心が高まる中で今回の訓練が可能になったとソン課長は付け加えた。

今回の訓練は2つに集中する。

最初に、多層階利用施設であるデパート・大型スーパー・映画館・ターミナル・学校では営業や授業が進行中の状態で訓練が行われる。訓練警報が鳴ったら直ちに建物の外の安全な場所に避難しなければならない。ロッテ・新世界・現代デパートなどのデパート、イーマート・ロッテマート・ホームプラスなど大型スーパー、CGV・メガボックス・ロッテシネマなどの映画館、セントラルシティ・ソウル高速ターミナルなど全国の主なターミナル、小中高校などが参加する。避難後には現場の指導により消火器・消火栓・心肺蘇生術の訓練を行う予定だ。一般商店街・マンションなどは自律的に訓練をすることになる。

2番目、119番消防車や病院救急車などの緊急車両のゴールデンタイム(Golden Time)確保するための訓練も、全国の市・郡・区単位で実施される。運転中の市民がどれほどしっかり譲歩してくれるかをチェックするのが訓練ポイントだ。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2014年06月19日 15:24
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
大型アップルストア汝矣島にオープン
コロナ感染者 再び400人下回る
T-ARAジヨン殺害脅迫受け捜査求
元X1スンヨン、自作曲で来月カムバ
韓国ワクチン第1号接種者はだれ?
移送中に適正温度外れ、ワクチン回収
コロナが変えた なりたい職業1位
ジェニーとGDに熱愛報道 
週間アクセスランキング
国民7割 コロナワクチン「接種」
21.02.19
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
映画「ミッションポッシブル」が首位
21.02.19
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]