韓国旅行「コネスト」 ピューリッツァ賞2冠韓国人「訪朝ビザ拒絶4回…それでも取材に行きたい」(1)。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

ピューリッツァ賞2冠韓国人「訪朝ビザ拒絶4回…それでも取材に行きたい」(1)

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
8日にニューヨーク・マンハッタン42番街のニューヨークタイムズ本社で韓国人初のピューリッツァ賞2冠を受賞したイ・ジャンウク氏の20周年回顧展が開かれた。この20年間に50カ国余りを駆け巡った記録だった。戦争の廃虚の中に咲く花のような子どもたちのあどけなさ、自然災害で全てを失った女性が水の流れに痛みを洗い落とす姿、2001年9・11テロ当時の崩れる3秒前の世界貿易センター、イラク戦争当時シナイ山で夜空の星を眺めるクルド哨兵の姿…。ニューヨークタイムズはどんな写真を撮っても叙情的で詩的だと彼の写真を評したことがある。ニューヨークタイムズでのカメラマン人生20年を尋ねた。

「宿命だと考えます。カメラマンという職を持つことになったのも。この20年間ただの一度も別のことをしてみようと考えたことはなかったですから。ピューリッツァ賞を受賞した後、周りから『エディターをしてみろ、事業をしてみろ』との誘惑もたくさんありました。しかし別の考えはしませんでした。まだ写真ほど私に『生きている』という気分を持たせてくれるものはないようです」。

待った者にだけ開かれるという「魔の瞬間」を通じ望み通りの写真を撮った時の歓喜を他の職業に求めるのは容易ではなかっただろう。「話題の中心にある現場に直接行き、見て、感じて、撮って、話したいという欲望が私の血に流れているのです」。

彼は「お金を追っていたらすでに大金持ちになっていただろうがピューリッツァ賞は受けられなかっただろう」と言いながら笑った。イ氏は釜山(プサン)出身で中央大学建築工学科1年生だった1986年にニュージャージーに住む叔母の招きで渡米。昼間はアルバイトをし、夜はバーゲンコミュニティカレッジでコンピュータ科学を勉強した。高校の時に趣味だった写真を勉強するためニューヨーク大学に編入することになったのが人生の転機となった。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2014年05月22日 13:24
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
住居価格高騰で「脱ソウル」ラッシュ
Rain、結婚5年目を打ち明ける
「ミナリ」 公開初日に動員数1位
新規コロナ感染者数424人
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]