韓国旅行「コネスト」 地方選挙もセウォル号の余波…「与野党どちらも嫌い」の無党派急増(1)。韓国の政治ニュース
KONEST

地方選挙もセウォル号の余波…「与野党どちらも嫌い」の無党派急増(1)

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
セウォル号の沈没事故以後、「支持政党がない」という無党派が増えて地方選挙の核心イシューに浮上した。選挙日が近づくほど無党派階層が減少するのが政界の常識だが、今は正反対の現象が広がっている。

世論調査機関リアルメーターの週間定例調査で、無党派の比率は4月第3週(4月14~18日)の15.0%から4月第5週(4月28~5月2日)の28.1%にぐんと増えた。この期間中、セヌリ党の支持率は53.4%から43.5%に9.9ポイント下落し、新政治連合も26.9%から23.9%に3.0ポイント落ちた。韓国ギャラップの調査でも同期間のセヌリ党の支持率は45%→39%、新政治連合は25%→24%へと共に下落した。一方、無党派は26%から34%へと8ポイントも増えた。超大型惨事で政府与党の支持率が落ちるのは分かるとしても、野党まで停滞するのは異例だ。

◆選挙近づくのにむしろ15→28%増加傾向

これについてリサーチアンドリサーチのペ・ジョンチャン本部長は7日「セウォル号事故が政府の監視機能を持つ政治圏全般に対する嫌悪感を広めた結果」として「セヌリ党支持層の一部が離れたが、新政治連合も代案政党としての存在感を見せられないため無党派層が拡大したもの」と診断した。韓国ギャラップのホ・ジンジェ理事も「セウォル号事故で朴槿恵(パク・クネ)大統領の国政支持度が落ちる中でセヌリ党支持率が同時下落したが、新政治連合も公認内紛事態などで有権者の炎症を刺激しながら反射利益を得ることができなかった」と話した。

ホ理事は「新政治連合の支持率は『民主党+安哲秀(アン・チョルス)』合併発表の直後である3月第1週の31%(韓国ギャラップ調査)で頂点をつけた後、その後着実に下落傾向を記録している」として「安哲秀共同代表に期待をかけた20、30代が失望して無党派に転じたケースが多い」と付け加えた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2014年05月08日 14:53
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
ソウル市の人口が1千万人以下に
ピクサー、韓国おばあさん主題アニメ
APRIL「メンバー間いじめ」論争
オリンピック公園にKPOPスタジオ
新規コロナ感染者数444人
アストラゼネカ 高齢者への接種検討
「ザ現代ソウル」に瑞典SPA1号店
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
21.02.25
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]