韓国旅行「コネスト」 韓国訪問の日本人と中国人 買い物場所などに違い 。韓国の経済ニュース
KONEST

韓国訪問の日本人と中国人 買い物場所などに違い

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】大韓商工会議所が韓国観光旅行を終え帰国する中国人と日本人、それぞれ150人を対象にショッピングに関する調査を行った結果、韓国でショッピングする際、最も不便な点に中国人は「言葉の問題」(57.3%)を、日本人は「商品購入を強要する」(29.3%)を挙げた。同会議所が7日、明らかにした。

 同会議所は、ソウル・明洞や南大門などで日本語を話す店員は増えたが、この5年で3倍近く増えた中国人観光客に対応できる店員の数はまだ十分ではないのが実情だと説明した。

 韓国を訪問する中国人の数はこの5年で年平均34.1%増えている。昨年には433万人を記録し初めて日本人の入国者数を超えた。

 中国人と日本人では観光ルートやショッピングスポット、支払い方法に違いがあることも分かった。

 ショッピングで訪れるスポット(複数回答可)には中国人(86.7%)、日本人(81.3%)ともに明洞を挙げたが、次いで中国人は東大門(72.0%)、仁寺洞(28.7%)、江南(23.3%)、南大門(17.3%)の順となった。

 日本人は明洞の次に南大門(51.3%)、東大門(38.0%)、仁寺洞(36.7%)、江南(17.3%)となった。

 これについて同会議所は、中国人は明洞で衣類や化粧品を購入後、東大門の韓方(韓国の伝統医学)薬市場を訪れると分析。一方、日本人は明洞に寄った後、のりや乾物を購入するため南大門を訪れる傾向があるとした。

 韓国でショッピングに使う金額は「100万ウォン(約10万円)以上」と答えた中国人は全体の38.7%、日本人は28.7%だった。

 支払い方法は中国人は現金(24.7%)よりクレジットカード(75.3%)を、日本人はクレジットカード(32.7%)より現金(67.3%)を多く使うことが分かった。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2014年05月07日 11:44
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者2日連続400人超
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]