韓国旅行「コネスト」 聞慶韓紙の伝統工芸、ミラノの世界デザイン舞台に出品。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

聞慶韓紙の伝統工芸、ミラノの世界デザイン舞台に出品

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
イタリア・ミラノのトリエンナーレミュージアムで8日から13日まで韓国工芸展「韓国工芸の法古創新2014」が開かれる。韓国工芸デザイン文化振興院(KCDF)が金属、らでん、陶磁、繊維、韓紙の5分野21人の職人の作品174点を世界のデザイン舞台に披露する場だ。

陶磁部門にはイ・ガンヒョの粉青沙器(作品名「粉青山水」)とイ・ギジョ中央大学工芸学科教授の白磁(「四角祭器水盤」)、繊維部門にはキム・ヒョジュン針線匠をはじめ9人の韓山(ハンサン)モシ職人が共同で作ったパッチワーク作品が出品された。92点のパッチワークは展示場の天井を飾った。木に紙を張った三層紙棚も韓紙部門に出品した主要作品のひとつだ。三層紙棚はキリとツバキの木で作った棚にコウゾの皮を加工して作った聞慶(ムンギョン)韓紙を扉に二重で張り付けたもので、重要無形文化財のパク・ミョンベの木工技術とハン・ギョンファの韓紙張り技術が調和を織りなした作品だ。韓紙の質感を生かすため内部にLEDランプを設置した。韓紙をより合わせて器の形にしたカン・ソンヒの紙ひも作品と、キム・ウンヘの「気持ちを込める器」も出品された。

このほか重要無形文化財イ・ボンジュによるパンチャ鍮器の坐鐘、イ・ギョンドンが作ったパンチャ鍮器の器、イム・ビョンシとファン・サムヨンが共同で作った砂利形のらでん漆器作品もある。

展示総括を務めるソン・ヘウォン芸術監督は「節制美と単純美が優れた作品だ。伝統がどのように現代的なコンテンツになることができるのか見せたかった」と話している。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2014年04月08日 13:12
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
住居価格高騰で「脱ソウル」ラッシュ
Rain、結婚5年目を打ち明ける
「ミナリ」 公開初日に動員数1位
新規コロナ感染者数424人
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]