韓国旅行「コネスト」 韓米日首席代表 北朝鮮核挑発への対応協議 。韓国の政治ニュース
KONEST

韓米日首席代表 北朝鮮核挑発への対応協議

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ワシントン聯合ニュース】北朝鮮核問題をめぐる6カ国協議の韓米日首席代表は7日(現地時間)、米ワシントンで北朝鮮の挑発に対する共同対応策を話し合った。3カ国の首席代表が集まったのは昨年11月以来。

 協議には韓国外交部の黄浚局(ファン・ジュングク)朝鮮半島平和交渉本部長、米国務省のデービース北朝鮮担当特別代表、外務省の伊原純一アジア大洋州局長が出席した。

 3カ国首席代表は、北朝鮮が国際社会の警告を無視して挑発を続ける場合、国連安全保障理事会と共に、厳しい制裁を加えるなど厳重に対処するとの立場を確認したとされる。

 北朝鮮は3月26日に中距離弾道ミサイルを発射し、同月30日には「新たな形態の核実験」の可能性を表明している。3カ国首席代表はこれに対する情報評価を行ったとされる。

 協議終了後に韓国の黄本部長は、「3カ国は北朝鮮のさらなる挑発可能性に深刻な懸念を示し、これを阻止するため実効的な努力を行うことにした。北朝鮮が核実験を強行するなら、国際社会と共にそれに相応する措置を取る」と報道陣に語った。

 黄本部長は7日午後、デービース氏と会談したのに続き、伊原氏とも非公開会談を行った。韓日両国が北朝鮮の核問題をめぐり2カ国間協議を行ったのは昨年6月に伊原氏が首席代表になって以降初めて。

 一方、米国は協議直後に別途の声明を発表し、「3カ国は(北朝鮮の核放棄を盛り込んだ)2005年の6カ国協議共同声明と平和的な方法で検証可能な朝鮮半島の非核化を達成するとの目標を再確認した。また、北朝鮮の弾道ミサイル発射が国連安保理の対北朝鮮制裁決議の1718、1874、2087、2094に違反することを確認した」とした。そのほか、南北関係改善や日本人拉致被害者問題の解決の重要性も確認したという。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2014年04月08日 09:28
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
ソウル市の人口が1千万人以下に
ピクサー、韓国おばあさん主題アニメ
APRIL「メンバー間いじめ」論争
オリンピック公園にKPOPスタジオ
新規コロナ感染者数444人
アストラゼネカ 高齢者への接種検討
「ザ現代ソウル」に瑞典SPA1号店
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
21.02.25
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]