韓国旅行「コネスト」 三星プリンター「世界2位」に。韓国の経済ニュース
KONEST

三星プリンター「世界2位」に

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
世界プリンター市場で三星(サムスン)電子が猛威をふるっている。

ゼロックス・キヤノンをおさえ、HPに続いてカラーレーザープリンター世界市場シェア2位となった。エプソンなどが掌握しているインクジェット市場はあきらめ、カラーレーザージェットに力を集中させた結果だ。わずか数年前、三星のプリンターは世界5位圏にも名を連ねることができなかった。

19日、三星電子によれば今年第1四半期世界カラーレーザージェット複合機市場で三星電子製品が並んでシェア2位に上がった。昨年同期間に比べてカラーレーザージェットは5ランクアップ、複合機は10位圏外から一気に2位にジャンプした。これによって三星電子のデジタルプリンティング事業部の売上高は2004年1兆7000億ウォンから昨年末には2兆5000億ウォンと大きく増えた。

三星の優秀プリンターはカラーレーザージェットだ。三星が昨年販売したマイクロ製品(モデルCl−300)である。この製品は半導体と電子回路技術をもとに開発した「システムオンチップ」(SOC、多様な機能を入れた半導体)を適用して製品の大きさを画期的に小さくした。またいくつかのトナーカートリッジを別々に円筒状のドラムに入れるという独創的な技術で騒音を最小化し、ユーザーが机の上に乗せて使うのに不便のないようにした。三星はまた世界各地に広がる三星電子の流通網を活用し、このプリンターの販促に全力を傾けて販売量を増やした。

三星電子デジタルプリンティング事業部戦略マーケティングチーム長イ・ジャンジェ専務は「今年初め、新たに販売したマイクロ複合機も人気が急上昇中なので、年末ごろ市場シェアをもっと広げることができるだろう」と話す。

三星は2005年プリンターを次世代8大成長動力のひとつに選定し、集中育成した。世界各国が情報化社会に入り急増する情報量に比例してプリンター量も増加するものと見込んだ。実際に米国IDCによると世界プリンター市場規模は2005年1200億ドルから昨年1300億ドルと大きくなり、2010年には1500億ドル以上になるものと見込まれている。

現在、世界プリンター市場では製品単価が高いカラーレーザージェットの販売額は8対2の割合でインクジェットよりリードしている。

チャン・ジョンフン記者
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2007年06月20日 11:36
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者数356人
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
コロナ防疫レベル2週間据え置き
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]