韓国旅行「コネスト」 朴大統領、連日の強烈発言「規制、死を覚悟した決断で取り組むべき」。韓国の政治ニュース
KONEST

朴大統領、連日の強烈発言「規制、死を覚悟した決断で取り組むべき」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
朴槿恵(パク・クネ)大統領は12日、貿易投資振興会議および地域発展委員会の宴席会議を主宰しながら「燃えるような愛国心、国を愛する心が必要だ」として「絶対に大韓民国がここで座り込んではいけない」と話した。朴大統領は貿易振興と関連して「国を発展させるか座り込むかという岐路に立った時、いかに努力するかによって大韓民国の運命が変わる」として「そうでなければ、ただ発展して縮んでしまう本当に愚かな先輩たちになる」とした。さらに「大統領から皆さんまでの全員が、この責任を引き受ける運命を持って生まれた。私たちに与えられた切迫した最後の機会だという考えを持って臨んでほしい」と促した。

最近、不必要な規制を示して「がんの塊」といった強い表現を使っている朴大統領は、この日も強力な表現で規制緩和による経済革新を力説した。青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者は「朴大統領の最近の表現は、全て原稿はになかった内容」と伝えた。

この日の会議では、ある参席者が風力発電投資のジレンマについて述べると、朴大統領は最近になって表現が強くなった理由について直接説明した。朴大統領は「この頃、大統領が規制についてそこまで強い口調で話すのかというが、少しも誇張された話ではない」として「これよりさらに強く話しても、今の規制状況を表現する方法がないからそうしている」と明らかにした。それと共に「規制というものを容易に考えて放っておくが、企業はその規制のために死んでしまうこともある」と言った。

引き続き朴大統領は「死を覚悟した決断をして取り組まなければならない」として「私たちが成長しなければならないのに、規制という“がん”を抱えて良いと思って生きているのは深刻な問題」と指摘した。

朴大統領は規制改革を、年老いた未婚男性・女性を結婚させようとする親の心情に例えることもした。朴大統領は「規制を緩和するにはあらゆる情熱が、必ずすべきという切実な心が何よりも必要だ」として「結婚できない息子、嫁にいけない娘、その親の気持ちになればどのようにしてでも必ず結婚させようとしないか」と問い直した。それから「韓国政府の各部署が、どうにかして早く結婚させなければならないという気持ちで精を尽くせば、企業らのあい路が何なのか、(ちょっと不足した企業が)どのようにすれば浮上できるのかについての方法が出てくるだろう」と話した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2014年03月13日 15:47
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
コロナ感染者 再び400人下回る
韓国ワクチン第1号接種者はだれ?
移送中に適正温度外れ、ワクチン回収
元B.A.Pメンバーセクハラで実刑
コロナが変えた なりたい職業1位
ジェニーとGDに熱愛報道 
エアソウルが高松・米子上空巡る飛行
コロナ最前線の医療陣に賃金未払い
ヒョナ 校内暴力の疑惑を否定
済州島の人気展示館 ソウルにも開業
週間アクセスランキング
国民7割 コロナワクチン「接種」
21.02.19
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
映画「ミッションポッシブル」が首位
21.02.19
2,30代「ワクチン後もマスク」
21.02.19
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]