韓国旅行「コネスト」 <野球>“石仏”呉昇桓を動揺させるのに失敗した日本。韓国のスポーツニュース
KONEST

<野球>“石仏”呉昇桓を動揺させるのに失敗した日本

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
先週、日本プロ野球は呉昇桓(オ・スンファン、32、阪神)の投球フォームのために騒がしかった。呉昇桓に対する“揺さぶり”とも考えられるこの騒ぎは、日本野球機構(NPB)が10日に「呉昇桓の投球動作には全く問題がない」と発表したことで落ち着いた。

右投げの呉昇桓は左足を踏み出す時、一時的にフォームの流れが途切れる。その後、左足をまた前に出しながら投球する。呉昇桓が先月スプリングキャンプに合流した直後、一部の審判が呉昇桓の投球フォームに対し「二重動作の可能性がある」と指摘し、会議を開いたという。「打者への投球に関連する動作を起こしたならば、中途で止めたり、変更したりしないで、その投球を完了しなければならない」という野球規則8.01に違反するということだった

しかしNPBは呉昇桓に軍配を上げた。呉昇桓の投球フォームは打者をだますものではなく、一定の投球リズムということを認めたのだ。呉昇桓がサムスンに入団した2005年にも甲論乙駁があったが、「一貫した動作」という結論が出た。呉昇桓が2006年ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場した当時、メジャーリーグの審判は全く問題視しなかった。

当時の韓国代表監督だった金寅植(キム・インシク)韓国野球委員会(KBO)技術委員長は「国際大会で検証された呉昇桓のフォームを指摘するのがおかしい。呉昇桓のフォームは自分のピッチングリズムだ。むしろ日本の投手のほうが二重動作をもっとしている」と話した。

数人の日本人投手は投球のため足を上げた状態で1秒ほど動作を止める。止まる時間が投球の度に違い、打者を混乱させる。シカゴ・カブス所属の藤川球児(34)も阪神時代に二重動作を使ったが、全く問題視されなかった。

阪神は昨年12月、呉昇桓をスカウトする前、投球フォームに対する検証を終えた。日本の専門家が「問題ない」と判断した。実際、シーズンを控えて呉昇桓の投球フォームを問題視するのは外国人選手に対する“揺さぶり”と解釈することもできる。特に、阪神のライバルである読売が呉昇桓の投球フォームを問題視するという話が説得力を帯びる。

論争の中でも“石仏”呉昇桓は冷静だった。呉昇桓は「審判が判断する問題だが、一貫したフォームで投げると問題はないだろう」と語った
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2014年03月12日 10:13
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者416人
ワクチン接種 開始9日で30人万超
「社会的距離」草案4段階に簡素化へ
ホン・サンス監督ベルリン脚本賞受賞
電車でハンバーガー食べた女性を立件
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
週間アクセスランキング
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
ワクチン副反応が新たに860件
21.03.05
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]