韓国旅行「コネスト」 重い荷物降ろしたキム・ヨナ、「安らかで幸せ」引退所感明らかに。韓国のスポーツニュース
KONEST

重い荷物降ろしたキム・ヨナ、「安らかで幸せ」引退所感明らかに

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
スケート靴を脱いだキム・ヨナ(24)は安らかに見えた。あらゆるものを降ろして、今の人生を楽しもうとする気持ちが強かった。

キム・ヨナは4日ソウル永登浦(ヨンドンポ)のタイムズスクエアのアトリウムセンター特設ステージでファンミーティングを持った。今回のファンミーティングは昨年に続きキム・ヨナのスポンサーであるLPG企業のE1の主催で約1時間、トークショー形式で進行された。

現役引退直後の余裕が感じられるようにキム・ヨナは終始明るい笑顔を失わなかった。キム・ヨナは「オリンピック後で何のスケジュールもなくて」と言った。「それでも家にだけいるわけにいかず、約束もあって出たりしている」としながら「毎日緊張しながら生きているのがストレスだったが、今は毎日を楽しみながら安らかに過ごせて幸せだ」として引退した所感を明らかにした。ソチ冬季オリンピック選手村で生活していたキム・ヨナは「オリンピック選手村の食事はほとんど毎日似通っていて真っ青になった。体重調節をする必要もなくて思う存分食べた」としながら「(韓国に)来て最初に食べたのは家のご飯だった」と話した。

キム・ヨナはフィギュアスケートとソチ冬季オリンピックの結果に対する率直な気持ちも明らかにした。彼女は「スケートが小面憎いのは昔のことのようだ。もうやるだけやったという思いで何の未練もない」と気さくに話した。ソチ冬季オリンピックの銀メダルに対しても彼女は「呆れはするが」としながらも「今でも結果について考え直してみたことはない。自分は決して大物ではないが、競技前にも金メダルを必ずしも取らなくても良いという、つまり切実さがなかった。それでも人間なので惜しくないかとも思ったが、終わってみると金メダルをという気持ちがないんだなという気がした」としてクールに受け入れた。

その一方で第2の人生の中心にはフィギュアスケートがあると示唆した。キム・ヨナは「フィギュアというのが私の一番の長所で自信のある分野だ。指導者をしようが何をしようが、フィギュアを最後まで手放さない。そういう方向にずっと進むだろう」と話した。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2014年03月04日 15:50
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ITZY 新曲の英語バージョン発売
CNBLUEヨンファ ファンミ開催
7月から新しい防疫基準を適用
韓国ビール「TERRA」の輸出開始
韓国の新規コロナ感染者635人
ブラックピンク 来月ライブCD発売
BTS米音楽賞で新曲ステージ初披露
ワクチン休暇広がる?大企業が検討中
済州航空・機内食カフェがオープン
BoAの兄が腹膜がんを告白
週間アクセスランキング
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
21.05.06
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
21.05.06
海外で韓国のチョコパイが人気
21.05.11
済州航空日本線の取消変更1回無料に
21.05.07
ユン・ヨジョン 8日に凱旋
21.05.07
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]