韓国旅行「コネスト」 少女時代vs2NE1…ガールグループの女帝を決めよう(1)。韓国の芸能ニュース
KONEST

少女時代vs2NE1…ガールグループの女帝を決めよう(1)

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
K-POPを代表する二つのガールグループ「少女時代」と「2NE1」が真っ向から正面対立した。それぞれ24日と26日、五十五時間差で新しいアルバムの音源を公開し、来週から本格活動に突入する。二つのガールグループはアイドル人気の序列で「ノムサビョク(越えるのが難しい壁という意味)」として認識されている。国内外の厚いファン層を持ち、音源チャート・アルバム販売・ミュージックビデオ照会数など、色々な面で「ビッグ・マッチ」になる見通しだ。米国音楽ケーブルチャンネルのFUSE TVもオンライン版ニュースで「少女時代vs2NE1のK-POPガールグループ、バトル誰が勝つだろうか?」という記事を出した。

音源チャートはすでに揺れ動いている。少女時代のタイトル曲『Mr.Mr.』は24日午後、公開直後にメロン、バグス、ジニーなど国内音源サイトの1位となった。二日後公開された2NE1のタイトル曲『Come Back Home』も1位を占めた。1位曲だけに限ってみれば、2NE1が少女時代を押し出した局面だが、ミュージックビデオ公開など変数が残っている。真剣勝負はこれから開始だ。

◆『Mr.Mr.』 VS 『Come Back Home』=ニュー・アルバムの音楽的評価はまちまちだ。正規4集以来、1年2カ月ぶりにリリースした少女時代のミニアルバム4集『Mr.Mr.』は。ダンス・シンセポップ・バラードなど多様なジャンルの6曲が収録されている。ビヨンセ、ジャスティン・ティンバーレイクなどと作業してきたプロデュスチームのThe Underdogsがタイトル曲を作るなど、海外有名作曲家が大挙してレコード製作に参加した。「SMエンターテインメントの作品らしく海外派と協業して、馴染みのあるコードを捻って陳腐でないメロディを作り出した」(大衆音楽評論家キム・ポンヒョン)という評と「音楽だけでは革新的や斬新な感じではない」(評論家ソジョン・ミンガプ)という評に分かれた。

2NE1の新しいアルバム『Crush』は4年ぶりに出した正規2集だけに10曲が収録されている。タイトル曲『Come Back Home』はYGのメインプロデューサーであるテディとPK、DEE.Pが共同作曲した。復古調のメロディを基本にR&B、ヒップホップ、レゲエ、EDMなど、色々なジャンルを組み合わせた。リーダーのCL(シーエル)が初めて作詞・作曲に参加したのも特徴だ。やはり「近ごろのアイドルのアルバムには珍しく、アルバム全体が一つの流れを持っている」(評論家キム・ジャッカ)という評や「創生期の黒人音楽の色彩が浅くなり、ジャンル音楽ファンには惜しいアルバム」(キム・ポンヒョン)という評が交錯した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2014年02月28日 10:25
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者数356人
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
コロナ防疫レベル2週間据え置き
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]