韓国旅行「コネスト」 IOCを感動させた2018人平昌合唱をもう一度(1)。韓国のスポーツニュース
KONEST

IOCを感動させた2018人平昌合唱をもう一度(1)

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
「3年前には冬季オリンピック(五輪)招致の夢を歌ったとすれば、2018年には地球村の平和と和合のために歌う」。

2011年2月18日午後3時、江原道江陵室内総合体育館。暗い体育館の電気がつくと、観客席にいた2018人が歌を歌い始めた。江原道18の市・郡から集まった「江原道民大合唱団」だった。体を揺らしながらグループABBAの「I have a dream」と「アリラン」を合唱した。2018冬季五輪開催候補都市現地調査のために訪問した国際オリンピック委員会(IOC)調査評価団を歓迎するためのイベントだった。当時の評価団団長で現在の平昌(ピョンチャン)オリンピック調整委員長であるスウェーデン出身リンドベリー氏は「ワンダフル」と叫んだ。

江原道民大合唱団が2018年平昌冬季五輪の開幕に合わせて再結成される。当時行事を企画した社団法人江原道民大合唱のオム・チャンソプ理事長(68、関東大名誉教授)らを中心に再構成の話が出ている。五輪の成功と地球村の和合に向けた江原道民の熱望を合唱で表そうという趣旨だ。オム理事長は「ソチ五輪を見ながら世界の人々の耳目が平昌に集まることを考えると胸が躍った」とし「一つの心で一つになった江原道民の姿を世界に見せたい」と語った。

当時、合唱を企画する時から一回の行事で終える考えはなかった。毎年1万人が集まってベートーベンの交響曲第9番「合唱」を歌う日本・大阪の「サントリー1万人の第九」のように、江陵を「合唱の都市」にしようという計画だった。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2014年02月27日 13:43
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者416人
ワクチン接種 開始9日で30人万超
「社会的距離」草案4段階に簡素化へ
ホン・サンス監督ベルリン脚本賞受賞
電車でハンバーガー食べた女性を立件
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
週間アクセスランキング
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
ワクチン副反応が新たに860件
21.03.05
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]