韓国旅行「コネスト」 「燃費誇張」米国では5,000億ウォン補償、韓国では…。韓国の経済ニュース
KONEST

「燃費誇張」米国では5,000億ウォン補償、韓国では…

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
米国、カナダで「燃費誇張」事態で車両購買者に約5000億ウォンを補償することになった現代・起亜車が国内消費者との損害賠償請求訴訟では相次いで勝訴している。なぜこのような現象が生じるのか。

ソウル中央地方裁判所民事95単独コ・クォンホン判事は18日、キム某(55)氏が「燃費が誇張された」として起亜車を相手取った損害賠償請求訴訟で原告敗訴判決したと明らかにした。キム氏は2012年5月、K5ハイブリッドを購入した。当時、起亜車は広告により「リットル当たり燃費が21キロメートル」と広報した。だが、キム氏は「実際の燃費はリットル当たり16.8キロメートルなのに、これを誇張してガソリン代など230万ウォン余りの損害をこうむった」として訴訟を起こした。裁判所は「『道路の状態などにより実走行燃費と違いが生じることがある』と告知していたので誇張されたとは見難い」と判断した。昨年12月にも現代車を相手に消費者2人が同様の訴訟を起こしたが現代車が勝訴した。

しかし現代・起亜車は2012年11月、北米地域で「燃費誇張」論議に包まれて消費者集団訴訟され、昨年末、米国消費者には約4190億ウォン、今年初めにカナダ消費者には約680億ウォンを補償することに合意した。このような差は米国の集団訴訟制の影響と見える。集団訴訟制というのは被害者のうち一部が訴訟で救済されれば残りも救済されるようにした制度だ。陪審員制度もまた無視することのできない変数だ。中堅ローファームのハン弁護士は「陪審員が結局米国消費者とリスクが大きいと見ただろう」と話した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2014年02月19日 11:01
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
セウォル号沈没事故から7年
JYPがオーガニック化粧品に出資 
政府11月まで集団免疫獲得目標維持
政府報告書「内需不振の緩和」に言及
大統領候補の支持率前検事総長25%
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
韓国の新規コロナ感染者673人
パクソジュンら主演映画クランクイン
ハイライトが来月3日にミニ盤発表
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
週間アクセスランキング
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
21.04.15
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
21.04.15
ユン・ヨジョン英アカデミー賞受賞
21.04.12
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]