韓国旅行「コネスト」 9周年迎えた現代峨山、北朝鮮観光事業に総力。韓国の経済ニュース
KONEST

9周年迎えた現代峨山、北朝鮮観光事業に総力

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル5日聯合】現代峨山が5日で会社創立9周年を迎えた。金剛山観光も10周年とあり、今年は対北朝鮮事業の拡張に総力を上げる方針だ。業界が5日に明らかにした。同社は今年の事業計画として、従来の金剛山観光の拡大とともに、白頭山と開城の観光にも力を入れることを決め、観光コースや宿泊、料金などの調整作業を行っている。
 現代峨山は創立以来、大規模な対北朝鮮投資などで赤字が続いていたが、2005年に57億ウォン(約6億4500万円)の黒字に転換し、2006年は37億ウォン、昨年は100億ウォンの黒字を計上した。売上高は2006年が2200億ウォン、昨年は3000億ウォン台に達しており、今年は白頭山・開城観光の活性化で、4000億~5000億ウォンを見込んでいる。同社は、観光事業関連計画が順調に進めば営業利益400億~500億ウォンも可能とみている。

 開城観光は昨年12月5日に開始された。今年はさらなる活性化に向け、段階的料金制度の導入や観光コースの多様化を進める方針だ。また、現在は日帰り旅行のみで実施しているが、宿泊可能とすることも長期的課題として検討している。今年はすでに3月まで予約が埋まっている状態で、年間旅行者は12万人に達する見込みだ。

 5月から開始予定の白頭山観光は、直行便の利用、「朝鮮半島の聖地」と言われる山を北朝鮮を介して旅するという点から、好評が予想される。現代峨山は先ごろ中国側の白頭山観光インフラ視察を行い、これに対抗する戦略計画を立てるなど、白頭山事業に社運を賭けている。

 昨年は内金剛観光が人気を博した金剛山観光では、今年から毘盧峰が新たにコースに含まれる。これを受け、昨年の35万人を上回る40万人の観光客を誘致できるものと期待している。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2008年02月05日 10:21
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
住居価格高騰で「脱ソウル」ラッシュ
Rain、結婚5年目を打ち明ける
「ミナリ」 公開初日に動員数1位
新規コロナ感染者数424人
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]