韓国旅行「コネスト」 「子供の英語教育に」フィリピン人家政婦を不法就労させた親ら、罰金9350万ウォン=韓国。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

「子供の英語教育に」フィリピン人家政婦を不法就労させた親ら、罰金9350万ウォン=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
ソウル龍山区(ヨンサング)に住む会社員C氏(38)は、2010年にフィリピン人女性(39)を住み込みの家政婦として雇った。この女性は韓国内に30日だけ滞在できる短期訪問(C-3)ビザで入国して不法滞在中だった。C氏はこうした事実を知りながらも月給150万ウォンで雇った。この女性は、昨年7月に不法滞在取り締まり班に摘発されて強制出国させられ、C氏は出入国管理法違反で1000万ウォン(約98万円)の罰金を支払った。

一部の富裕層家庭で、フィリピン人女性の住み込み家政婦を違法に雇って摘発され、巨額の罰金を支払う事例が増加している。法務部仁川(インチョン)空港出入国管理事務所は昨年4~12月にフィリピン国籍の住み込み家政婦26人を摘発し、雇用した22人に計9350万ウォンの罰金を賦課したと8日明らかにした。またソウル江南区駅三洞(カンナムグ・ヨクサムドン)で人材紹介所を運営して2009年からフィリピン人女性54人を家政婦として不法就労させた女性オーナー(44)を3日、仁川地検に書類送検したと付け加えた。

フィリピン国籍の住み込み家政婦が人気を呼ぶのは、家事よりも子供のためというケースが多い。両親たちは英語を使うフィリピン人家政婦に子供を任せれば、早期の英語教育に役立つと期待している。昨年の取り締まりで摘発されて600万ウォンの罰金を支払ったソウル瑞草区(ソチョグ)のJ氏(41)は、妻が有名塾のTOEFL講師だ。J氏は前出の女性オーナーを通じてフィリピン人女性(34)を紹介され、家政婦として雇った。この女性は1年間、J氏の家で暮らしながら小学校に通うJ氏の子供に英語を教えた。ちなみに外国人が国内で住み込み家政婦として働くためには訪問同居(F-1)ビザがなければならない。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2014年01月09日 10:51
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
今月29日に BTS特別トーク番組
BTSのJ-HOPE ソロ曲を公開
ネイバー 東大門服の日本販売を支援
小規模事業者など支援金 雇用創出へ
新規コロナ感染者数344人
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
ストレイキッズのヒョンジン活動休止
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
週間アクセスランキング
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]