韓国旅行「コネスト」 韓国歌謡界、新年早々カムバックが続きチャートは大混戦!…トップスターも油断禁物。韓国の芸能ニュース
KONEST

韓国歌謡界、新年早々カムバックが続きチャートは大混戦!…トップスターも油断禁物

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
甲午年は1月から韓国歌謡界が熱く沸いている。RAINや東方神起らのトップスターはもちろん、IU(アイユー)やGirl’s Day (ガールズデー)、Ailee(エイリー)ら新進勢力に久しぶりのカムバックとなるMC the Maxらの実力派グループも加勢して、音盤ランキングはどこも大混戦となっている。

6日、午前1時基準の音源チャートを見てみると、スターによるトップ争いは熾烈を極めている。最大の音源サイト「メロン」を基準にすると、1位のMC the Maxを筆頭にGirl’s Day 、IU、Lyn(リン)、東方神起、Ailee、Beenzino、Brown Eyed Soul(ブラウン・アイド・ソウル)の曲が並びんでいる。隙間がないほど過密している。

MC the Maxのタイトル曲『あなたが呼んでいる』(原題)は、すでに5日連続でチャートトップを守っている。トップスターのカムバックに隠れて、なかなか注目されなかったが、音楽のパワーでチャートを席巻している。3日に公開されたGirl’s Day の『Something』も弾みをつけている。メロンを除く6つのチャートで首位入りを果たした。ファンが急激に増えた昨年と比較しても、さらに磨きのかかったルックスとパフォーマンスで男性ファンを集中攻略している。

東方神起の新曲『Something』とAilee新曲『歌が増えた』も5位と7位で初登場した。実力に申し分のない歌手なので、トップ入りも予想される。「元祖ワールドスター」のRAINも今週から放送活動に突入する。精魂を込めて準備したパフォーマンスが公開されれば、多少遅れ気味の音源チャートでも順位を取り戻せる余地がある。これに続いてDal★shabet(ダルシャーベット)やA Pink(エーピンク)らの少女たちの逆襲も始まる。そしてなんといっても1月の歌謡界は“最強ガールズグループ”の少女時代と“国際スター”PSYが華やかに締めくくる可能性が大きい。過去に類を見ないトップスターの熱戦だ。

歌謡関係者は「12月は新曲を発表するというより、1年を終えるという意味がある月だ。地上波歌謡祭が多くてプロモーションも難しいため、1月に良い曲が数多くリリースされる。最近では、冬だからといってバラードがよく売れる雰囲気でもなく、多彩なジャンルの曲がチャートに入る傾向がある。カムバックするスターが非常に多いため、トップスターだからといって安心しているとひどい目に遭うだろう」と説明した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2014年01月06日 16:26
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ感染者2日連続300人台
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
伝統家屋「韓屋」の歴史館1日開館
「5G」加入者 1300万人に迫る
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
コロナ防疫レベル2週間据え置き
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]