韓国旅行「コネスト」 歌手RAIN「キム・テヒ、心から私のこと考えてくれる」(1)。韓国の芸能ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
【Klive】1+1で80%OFFのオトクなチャンス!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 芸能 > 歌手RAIN「キム・テヒ、心から私のこと考えてくれる」(1)

歌手RAIN「キム・テヒ、心から私のこと考えてくれる」(1)

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
「再びRAIN(雨)を降らせることができるだろうか」。

歌手RAIN(ピ、本名チョン・ジフン、32)は2000年代を代表するK-POPスターだった。大韓民国を代表するダンス歌手兼俳優で、国内スターの中から「ワールドスター」の隊列に上ったのも彼が初めてだった。

歌手として先に国内舞台を席巻した後、俳優としても才能を見せた。2006年、米国の時事週刊誌タイムが選んだ世界で最も影響力のある人物100人に選ばれた。2008年、北京オリンピックの閉幕式でアジアを代表する歌手として歌を歌った。2010年には「2010MTVムービーアワード」では、『ニンジャ ・アサシン』で最高アクションスター賞を受賞した。世界を相手にワールドツアーまで行った。それこそ絶頂の人気であった。

RAINは全盛期を疾走していた頃を「海の水を飲むような感じだった」と説明した。想像さえしなかった成功を成し遂げた後、より大きな成功を渇望して水を飲んでも喉が渇いていたという説明だ。その時からだった。歯をくいしばって頂上へと向かって走っていたRAINに異常兆候が見え始めた。ドラマ『逃亡者プランB』(2010)、映画『R2B:リターン・トゥ・ベース』(2012)など相次ぐ作品の成績が振るわなかった。毒気を持ったRAINはおらず、「ワールドスター」の威勢だけが残っていたという悪評がついてまわった。軍の入隊も傷だけが残った。2年間の軍生活をしても「芸能兵士の服務怠慢」という皮肉が聞こえた。RAINに向けられていた大衆の好感は、かなり離れてしまった。

カムバックを控えたRAINに先週、江南(カンナム)のあるカフェで会った。幸い、表情は思ったより暗くなかった。各種の論争や事件にともなう負担感はもう乗り越えたようだ。彼は「大衆は私の親だ。私を非難する資格がある。私もやはり悔しいという思いはない。今は成功にしばられずに余裕を持って活動したい」と伝えた。RAINは2日、6枚目のアルバム『Rain Effect』を発表する。収録曲すべてを作詞・作曲・プロデュースするなど力を注いだ。

--軍入隊後に色々な論争に苦しめられた。

「1度や2度ではないので…。今後もこうしたことはまた出てくると思う。私の人生自体がそうであるようだ。問題が生じた時、私だけでないなら沈黙するスタイルだ。今回も自然に明らかになるのを望んだ。執着せずに払いのけてしまった。最初は世の中が私になぜこうするのかとも考えた。突然、私が休暇を100日以上取って出て行った人になってしまい、軍生活をしっかりやっていない人になってしまった。銃をうまく撃って特級戦士として褒賞休暇が2回出てきたのがそんなふうに見られた。服務中の現役軍人の身分でメディアに悔しいと語ることもできなかった。国防部検察、民間検察、警察署から全て調査を受けて無嫌疑の判定を受けた。悔しがるのはやめようと思った。休暇中に軍の帽子を脱いでいたのは本当に間違ったことだ」

--当時、全国民を沸き返らせた熱愛説の主人公になった。除隊後、恋人キム・テヒとの関係がより一層深くなっただろう。

「本当に良い。心から私のことを考えてくれる友人だと思っている」

--色々なことを体験した後だ。まだ成功に対する欲が残っているか。

「本当に懸命に生きてきた。そうやって生きてくると、ある瞬間、海水を飲んでいる感じがした。飲んでも飲んでも喉が渇いた。私の目標は、歌で1位になって父に家を買うことだったが、その目標を成し遂げるとそれ以上を渇望することになった。今は余裕を持ってやりたい。以前だったら『歯をくいしばってやりました』と紹介したはずだが、今は余裕が先だ」

--アルバムタイトルを「Rain Effect」(RAIN効果)にした。

「バタフライ効果という言葉があるのではないか。蝶々の羽の一振りで地球の反対側では暴風雨を起こすこともできるという言葉だ。私もRAINの効果が何かは分からない。だが、一生懸命にうまく作ったアルバムが出てきたので、効果があるんじゃないだろうか。そんな期待を込めた」。

--ニューアルバムを紹介しようとするなら。

「タイトル曲は2曲だ。『30 SEXY』は振りつけを先につけてから音楽を作った。踊るために書いた曲ということだ。これまでになかった振りつけで、いつも見てきたものとは明らかに違うだろう。難易度はとても低くした。今は、我を忘れてロボットのように踊ることよりも、観客とうまくかみ合わなければいけないと感じる。『La Song』のテーマは逸脱だ。お酒を飲んで聞くとちょうど良い曲だ。ラテンポップで『RAINはああいうこともする』という姿をお見せしたかった。サイコのように壊れる姿もたくさんある」
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2014年01月02日 16:14
韓国の芸能のニュース     もっと見る 
  • 歌手G-DRAGON、あどけない練習生時代の写真を公開
  • JYJキム・ジェジュン、ハントチャート「歌手アワード」ソロ1位
  • イ・スンギ-少女時代ユナ、熱愛4カ月…双方認める
  • G-DRAGON、米ビルボード年末決算で韓国歌手では唯一のトップ50入り
  • 女優ハ・ジウォン、「2013 MBC演技大賞」大賞を受賞
  • 関連記事
  • 歌手RAIN「キム・テヒ、心から私のこと考えてくれる」(2)
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    金正男毒殺、請負殺人の可能性高まる
    韓国映画、正月映画2作がヒット
    韓国の新小学生、ハングル授業が倍に
    サムスン電子、企業イメージ陥落
    韓国大統領選支持率、文氏がトップ
    冬季種目好きな日本、平昌に関心高い
    TWICE、初の単独コンサート開催
    イ・ミンホのファンミに6千人歓声
    倉本裕基、3月来韓コンサート開催
    忠清南道で観光商品を開発
    週間アクセスランキング
    マートに行ったチョン・ジヒョン
    17.02.16
    T.O.P陸軍訓練所入所写真を公開
    17.02.16
    最近流行の韓国女性の化粧法は?
    17.02.17
    韓服姿で卒業式
    17.02.16
    韓国に来た羽生、キム・ヨナ並み...
    17.02.15
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]