韓国旅行「コネスト」 多国籍製薬会社、韓国での研究開発への投資が停滞。韓国の経済ニュース
KONEST

多国籍製薬会社、韓国での研究開発への投資が停滞

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
多国籍製薬会社の昨年国内研究開発(R&D)比重が前年より6.4%増加した。だが、新規事業数は減り、多国籍製薬会社のR&D投資が持続的に維持できなかったことが分かった。

多国籍医薬産業協会(KRPIA)は19日、多国籍製薬会社27社の会員会社を対象に実施した2012年国内R&D投資現況調査結果を発表した。昨年多国籍製薬会社が国内で実施したR&D事業は合計1430件で2011年より6.4%増加した。この中27.7%が技術集約的で研究経験の水準が高くなければならない1、2上臨床研究であった。

1、2上研究の比重は2009年だけでも全体研究の19.3%だったが2010年21.1%に20%を越えて以来、着実に増加した。しかし協会は今年国内R&D投資金額は公開しなかった。2011年基準の多国籍製薬会社韓国支社のR&D投資額は2449億ウォンで売上額の5.3%水準だった。本社の売上額対比投資額率は14.6%だ。

協会によれば国内R&D事業が増加し、関連の働き口も増加している。昨年27社の多国籍製薬会社のR&D人材は925人で3年前より19%増加した。企業1カ所当たり平均34.3人がR&D人材で国内製薬会社(1社平均23.9人)より10人以上多かった。多国籍製薬会社の国内臨床研究に参加した患者は2011年より29%増え、12万9474人だった。協会は「臨床研究で患者と健康保険財政が使うはずだった医療・薬品費が1314億ウォン程節減されたと推算された」と明らかにした。

しかし、多国籍製薬会社は国内R&D投資を停滞する雰囲気だ。昨年、これらのR&Dのうち新規で始まった事業は全体1430件中283件で2011年(351件)より19.4%減少した。キム・ジノ多国籍医薬産業協会会長は「新薬の価値が適正に認められずにおり、薬価規制政策が重複的につながりながら新規研究開発事業が減っているようだ」とし、「政府の薬価政策が改善されるように願う」と話した。政府は昨年4月、1兆7000億ウォン規模の薬価引き下げ政策を実施した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2013年12月20日 13:50
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国製薬社 ワクチン臨床試験に着手
NU'ESTが7年ぶりフルアルバム
ロゼ 二つのギネス世界記録認定
新型コロナ流行の「第4波」警告
イ・ジュニク監督新作 週末興行1位
BTS17日にイベント無料配信
韓国の新規コロナ感染者587人
きょうから屋内でマスク常時着用
ユン・ヨジョン英アカデミー賞受賞
アストラ製ワクチンの接種再開へ
週間アクセスランキング
女優オム・ジウォン、結婚7年で離婚
21.04.07
ハ・ジウォンが画家に すでに売却も
21.04.07
ソウル市 月2で肉無し学校給食
21.04.08
ソウルの新市長にオ・セフン氏が当選
21.04.08
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]