韓国旅行「コネスト」 「定期賞与は通常賃金に該当」 韓国最高裁が初判断 。韓国の経済ニュース
KONEST

「定期賞与は通常賃金に該当」 韓国最高裁が初判断

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】超過勤務手当などの算定基準となる通常賃金に賞与が含まれるかどうかをめぐる労使間の論争について、韓国大法院(最高裁)は18日、労働者側に軍配を上げる判断を出した。1953年の勤労基準法(労働基準法に相当)施行以来初めて通常賃金についての明確な定義が示された。

 大法院は自動車部品メーカー「甲乙オートテック」の社員と退職者が会社側を相手取り起こした賃金および退職金に関する訴訟2件について、通常賃金の範囲に対する判断基準を示した。

 定期賞与が通常賃金に含まれるかについては「賞与金は勤続期間により支給額が異なるが、定期的・一律的に支給する場合は通常賃金に該当する」との判断を示した。

 福利厚生費については「支給日に在職している労働者にのみ支給される場合は通常賃金に該当しないが、退職者にも勤務日数に比例して支給する場合には通常賃金とみなせる」とした。

 また、過去に労使が賞与などを通常賃金から除外することで合意したとしても、これは勤労基準法違反で無効であるとした。

 ただ、合意が無効だとしても労働者らが差額分を追加で請求できるかについては「使用者側に予期せぬ過度な財政的支出を負担させ経営上の支障を招くことは正義と均衡の観念に照らし容認できない」として、「遡及(そきゅう)して超過勤務手当の差額を請求することはできない」と判断した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2013年12月18日 17:13
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
カカオ日、韓国に漫画制作子会社設立
ベクヒョンのミニアルバム、ミリオン
韓国の新規コロナ感染者532人
昨年のアサヒビール輸入額が7割減
BTSイベント 視聴者270万人超
きょうから都市部で制限速度引き下げ
セウォル号沈没事故から7年
JYPがオーガニック化粧品に出資 
政府11月まで集団免疫獲得目標維持
南陽乳業に「株価操作」の声
週間アクセスランキング
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
21.04.15
パクソジュンら主演映画クランクイン
21.04.16
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
21.04.15
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
21.04.16
JYPがオーガニック化粧品に出資 
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]