韓国旅行「コネスト」 韓国人シン・ジェウォン博士、NASA“ナンバー3”に。韓国の経済ニュース
KONEST

韓国人シン・ジェウォン博士、NASA“ナンバー3”に

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
米国航空宇宙局(NASA)の航空研究部門責任者(the Aeronautics Research Mission Directorate)に韓国人科学者シン・ジェウォン博士(49、写真) が任命された。

NASA本部の核心業務組織は航空研究、探査体系(Exploration Systems)、科学(Science)、宇宙活動(Space Operations)などの分野で構成されている。シン博士はこのうち、最も重要な航空研究部門を来月1日から担う。彼の職級はNASA総責任者であるマイケル・グリフィン局長(Administrator)とシャーニャ・デール副局長(Deputy Administrator)のすぐ下の職級である局長補(Associate Administrator)で、次官級だ。シン博士は航空研究部門副局長補(Deputy Associate Administrator)として3年6カ月間勤務し、昇進した。

グリフィン局長は24日、報道資料を通じて「21世紀航空学研究のロードマップを開発した彼の指導により、NASAは航空研究の最高機関という名声を維持する」と述べ、NASAも「航空戦略決定、航空飛行及び安全など航空学に関しすべての研究がシン博士の責任の下で進行される」と明らかにした。シン博士は「NASAの航空研究プログラムは航空交通と安全、航空環境などの分野で米国が直面したものを適切に対処する案を研究・開発してきたが、他の政府機関、業界、学界などと緊密に協調し、対応していく」と抱負を明らかにした。

またシン博士はNASA航空宇宙ニュースとのインタビューで「航空機や自動車をもう少し安全に作れば人類にとってプラスになるはずだと考えて機械工学を専攻した」と明らかにし、高位職の責任について歯車の原理を例に挙げてこう強調した。「いちばん上にある歯はゆっくり回るが、下の数多くの歯はそれよりずっと早い速度で回る。高位職に上がるほど下に大きな影響を及ぼすことを肝に銘じなければならない。高位職はそんな影響力を認識して慎重に組織管理をしなければならない」と明らかにした。同メディアは「シン博士が航空安全分野では世界一流」と紹介している。

ワシントン=イ・サンイル特派員
劉光鍾(ユ・グァンジョン)記者

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年01月26日 15:54
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
住居価格高騰で「脱ソウル」ラッシュ
Rain、結婚5年目を打ち明ける
「ミナリ」 公開初日に動員数1位
新規コロナ感染者数424人
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]