韓国旅行「コネスト」 「レッド・ファミリー」、トリノ国際映画祭コンペ部門に招待。韓国の芸能ニュース
KONEST

「レッド・ファミリー」、トリノ国際映画祭コンペ部門に招待

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
キム・ギドク監督が制作した映画『レッド・ファミリー』(イ・ジュヒョン監督、6日公開)が東京国際映画祭での「観客賞」受賞に続き、第31回トリノ国際映画祭公式コンペ部門に招待された。

配給会社ファインカット側は「海外映画祭側が『レッド・ファミリー』について、南北間の元に戻れない亀裂を描いた悲劇的な政治コメディだと好評している」と伝えた。

トリノ国際映画祭は1982年にイタリアで始まり、同時代的な流れを革新的に見せる監督の作品に出会える映画祭として知られている。これまでキム・ジウン監督の『悪魔を見た』(2001)、イ・チャンドン監督の『詩』(2010)、ホン・サンス監督の『夜と昼』(2008)、ポン・ジュノ監督の『殺人の追憶』(2003)など韓国を代表する監督の秀作が招待されている。2006年には映画『京義線』でキム・ガンウが主演男優賞を受賞した。

『レッド・ファミリー』は公式コンペ部門「トリノ31」セクションに公開され、13作品と競合する。キム・ギドク監督は『海岸線』(2002)、『悲夢』(2008)でトリノ国際映画祭から招待状を受けた。しかし演出でなく制作した作品でこの映画祭に出席するのは初めて。これまで国内外の映画祭で好評を受けてきたキム・キドク・フィルムの作品として、現地でも関心が集まっている。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2013年11月07日 16:00
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
住居価格高騰で「脱ソウル」ラッシュ
Rain、結婚5年目を打ち明ける
「ミナリ」 公開初日に動員数1位
新規コロナ感染者数424人
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]