韓国旅行「コネスト」 韓国からの風船 名古屋に届く=韓日子どもの友情。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

韓国からの風船 名古屋に届く=韓日子どもの友情

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【梁山聯合ニュース】韓国南東部、慶尚南道梁山市の幼稚園児によって秋夕(中秋節、今年は9月19日)前に飛ばされた風船が、海を渡り日本の名古屋市の住宅街で発見された。受け取った小学生が韓国の幼稚園児に手紙を送り、小さな交流が生まれた。

 梁山市の熊上幼稚園は、秋夕を迎える行事の一環として9月16日に300人の園児が小さなカードに願い事を書き、風船に結び付けて飛ばした。

 そのうちの一つが翌日の17日に約650キロ離れた名古屋市の青井擢実(たくみ、7歳)君と妹の遥臣(はるみ、4歳)ちゃんの自宅の庭で発見された。

 風船には熊上幼稚園の朴俊侯(パク・ジュンフ)君が描いた消防車の絵とともに「お月さまに願いを込めて…消防署」と書かれた小さなカードが下げられていた。

 カードは俊侯君が大きくなったら消防士になりたいという願いを込めたものだった。

 風船とハングルが書かれたカードを見た兄妹の両親が中日新聞に連絡した。

 同紙の社会部記者が、風船が届いたことを手紙で熊上幼稚園に伝えたことから風船が日本まで飛んでいったことが判明した。

 記者の手紙とともに名古屋市の擢実君が書いた返事も幼稚園に届いた。

 擢実君の返事には自分の似顔絵と、「9月17日にぼくのうちに風船とカードが届きました。頑張って消防士になってください。ぼくはプロバスケットボール選手になって、大きい家を建てたいです」という内容のメッセージが書かれていた。

 先月30日に記者と擢実君からの返事を受け取った幼稚園は驚いた。

 園長の徐慶珍(ソ・ギョンジン)先生は4日、「風船が割れることなく遠くまで飛んでいくとは夢にも思わなかった」と話した。

 また、擢実君の家族を幼稚園に招待したいと伝え、園児たちも兄妹と友達になりたいと返事を書いて送ったという。

 徐先生は「この縁をきっかけに、韓国と日本の子どもたちの友情が続いてほしい」と話した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2013年11月04日 11:40
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者2日連続400人超
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]