韓国旅行「コネスト」 超大国訪問…李明博氏、最初の訪問先は?。韓国の政治ニュース
KONEST

超大国訪問…李明博氏、最初の訪問先は?

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
李明博(イ・ミョンバク)次期大統領に対する超大国の招待が相次いでいる。ブッシュ米大統領が22日、新政権の特使として米国を訪問中の鄭夢準(チョン・モンジュン)氏に「なるべく早期の訪米」を要請するなど、米日中の3国は、各特使に、李明博次期大統領の早期訪問を正式に要請している。

ロシアは、大統領選から2日後の昨年12月21日、プーチン大統領名義の祝電を通じ、いち早く招待の意思を表明した状態。そのため李次期大統領は訪問日程を調整するための「幸せな悩み」に陥っている。

とりわけ、日本の動きが早い。政府当局者によると、日本は10日、森嘉郎元首相を特使として派遣し、正式に招待の意思を伝えたことに続き、最近外交チャンネルを通じ「最初の訪問国を日本にしたらいかがか」と打診してきた模様だ。「米国へ向かう途中に日本に立ち寄る方法もあるのでは」と具体的に触れているという。

韓日関係の復元に対する大きな期待感を示す部分と考えられる。だが、実現する可能性はそれほど大きくない、というのが大方の見方。政権引き継ぎ委員会などでは「中国配慮論」も出ている。貿易規模などを考えた場合、日本より中国を先に訪れるべきなのでは、ということ。日本はもちろん中国ともシャトル外交を開始すべき、との見解もある。

次期大統領就任後の外交日程を調整中の外交通商部は最近、歴代大統領の就任初期の歴訪日程を調べてみた。その結果、中国・ロシアと国交正常化以降に就任した金泳三(キム・ヨンサム)、金大中(キム・デジュン)、盧武鉉(ノ・ムヒョン)氏らの歴訪順番は、例外なく米国・日本・中国・ロシアの順だった。

政府関係者は「次期大統領の歴訪日程は相手国との協議次第だが、順番は慣行に基づくだろう。これといった名分がなければ、慣例を変えがたい」と述べた。ただ、ロシアの場合、訪問の時期がかつての政権よりは大幅に繰り上げられる可能性がある。

盧武鉉大統領が就任から1年7カ月後の04年9月にロシアを訪れるなど歴代大統領のロシア行きは就任から1年後ぐらいに行なわれている。だが、実用外交と資源外交を重視する新政府では、訪問時期が年内に繰り上げられる可能性がある、という見方もある。

政府関係者は「3~4月ごろになる訪米を皮切りに、上半期中には日本とのシャトル外交、7月に北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議、日本)、8月に北京オリンピック(中国)などといった具合で、新政府の初期には、月1回の歴訪が見込まれる」とした。

イェ栄俊(イェ・ヨンジュン)記者
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年01月25日 16:36
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
住居価格高騰で「脱ソウル」ラッシュ
Rain、結婚5年目を打ち明ける
「ミナリ」 公開初日に動員数1位
新規コロナ感染者数424人
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]