韓国旅行「コネスト」 結婚が最も多いのは10月 姉さん女房増加=韓国 。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

結婚が最も多いのは10月 姉さん女房増加=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
 2000年以降、韓国で結婚が最も多かった月は10月だったことが29日、分かった。また女性の社会的地位向上に伴い、年上女性と年下男性のカップルも大きく増加した。

 韓国統計庁の人口動向資料によると、2000~2012年の婚姻件数は417万4584件で、月平均2万6760件だった。

 月平均婚姻件数は10月が3万8340件で最も多く、次いで11月(3万7848件)、韓国で一般的に「結婚の月」というイメージがある5月(3万4643件)の順だった。8月(1万3732件)、7月(1万3737件)、9月(1万9512件)の順で婚姻件数が少なく、真夏と梅雨の時期は結婚式を避ける傾向がうかがえる。

 初婚同士の夫婦のうち、夫が年上の夫婦が占める割合は2002年の74.1%から昨年は68.2%と下がり続けている。一方、妻が年上の夫婦が占める割合は11.6%から15.6%に上昇した。

 妻が年上の夫婦が増加していることについて、統計庁は「女性の社会的地位が向上し、社会が開放的に変化したことによる現象とみられる」と説明した。

 初婚年齢をみると、1990年は男性が27.8歳、女性が24.8歳だったが、2012年は男性が32.1歳、女性が29.4歳と高くなった。

 00~12年の離婚件数は166万7145件、月平均1万687件だった。3月が1万1474件で最も多く、9月が9792件で最も少なかった。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2013年10月29日 11:51
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国ワクチン第1号接種者はだれ?
移送中に適正温度外れ、ワクチン回収
元B.A.Pメンバーセクハラで実刑
コロナが変えた なりたい職業1位
ジェニーとGDに熱愛報道 
エアソウルが高松・米子上空巡る飛行
新規コロナ感染者3日ぶり400人越
コロナ最前線の医療陣に賃金未払い
ヒョナ 校内暴力の疑惑を否定
済州島の人気展示館 ソウルにも開業
週間アクセスランキング
国民7割 コロナワクチン「接種」
21.02.19
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
映画「ミッションポッシブル」が首位
21.02.19
2,30代「ワクチン後もマスク」
21.02.19
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]