韓国旅行「コネスト」 MB「長官いなければ次官と働く」政府改革正面突破へ。韓国の政治ニュース
KONEST

MB「長官いなければ次官と働く」政府改革正面突破へ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
「国会で通過させないのなら次官と働く」――。

李明博(イ・ミョンバク)次期大統領が23日、汝矣島のある飲食店でハンナラ党院内代表団と行政自治委員らと会ってこのように述べた。現行18部4処を13部2処にする政府組織改編案処理が引き延ばしとなって、組閣もできない状況を念頭に置いているという意味だった。李次期大統領は「国会で通過しなければ新しい政府発足時から力を発揮しにくい。原案どおり通過させてほしい」と述べたと参加者は伝えた。

李次期大統領はまた「正月前までをデッド・ラインとして処理しなければならない。そのときまでできなければ正月前にでも私が涙で訴えるしかない」と述べた。李次期大統領は先週、院内代表団を会ったときにも「長官がいなければ局長と働く」という話をしている。

李次期大統領は現在、青瓦台(チョンワデ、大統領府)旧与党、官僚に包囲された状況だ。青瓦台は政府組織法改正案に拒否権を行使すると言っている。旧与党は「効率的政府のために努力した」と言いながらも部処の統廃合には事実上反対する。官僚たちも組織的に抵抗論理と反対勢力を作り出している。

それらに初挑戦であるわけだ。適当に妥協するか、でなければ追いやろうか。

2月中旬ごろまで改正案が通過されなければ新しい政府が発足する来月25日、組閣が成り立たない場合もある。発足後も処理されなければ現行法によって18部4処体制の人選をしなければならない。

「次官・局長と働く」という主旨の発言は「適当に妥協しない」という意味だと周囲の関係者は伝えた。組閣が延期されても、実際に原案通過を願うという意味だ。キム・ヒョンオ業務引継ぎ委員会副委員長は「李次期大統領は決めるまではすぎるほど慎重だが、いったん決意したら断固だ」と述べた。李次期大統領が「統一部も交渉用だと言うようだが、絶対そうではない」と言ったという。

「李次期大統領が反対論理を途方もないと思った」という話もある。彼が「(旧与党が)政府縮小はよくやったといいながら、統一部・科学技術部・情報通信省・女性部・海洋部をすべて残せといえば、初めから政府を縮小するなという話ではないか」とあきれたという。

しかし公開的な批判は避けている。院内第1党の大統合民主新党だけではなく4議席政党の国民中心党まで訪れた李次期大統領は今後も説得の余地があると見ている。参謀たちは「旧与党議員たちも直接説得しなさい」と助言する。

李次期大統領の陣営では4・9総選挙が切迫した状況で「大統領だけの政府が発足する状況を旧与党も願わない」という期待感もある。1998年院内第1党(295席のうち162席)だったハンナラ党が総理承認問題に食い下がってからその年6・4再・補欠選挙で惨敗した経験を、旧与党も忘れていないだろうということだ。しかし、その年、23部処のうち7部処を減らそうとしていた金大中(キム・デジュン)当時の次期大統領の計画がハンナラ党との交渉過程で海洋部は残り、6部処だけ統廃合される規模に縮まったこともあった。

ある引継ぎ委員は「交渉によって1、2部処でも復活するのか」という質問に「李次期大統領がOKするとは言えない。意志があまりに強い」と話した。



コ・ジョンエ記者
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年01月24日 15:40
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
セウォル号沈没事故から7年
JYPがオーガニック化粧品に出資 
政府11月まで集団免疫獲得目標維持
政府報告書「内需不振の緩和」に言及
大統領候補の支持率前検事総長25%
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
韓国の新規コロナ感染者673人
パクソジュンら主演映画クランクイン
ハイライトが来月3日にミニ盤発表
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
週間アクセスランキング
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
21.04.15
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
21.04.15
ユン・ヨジョン英アカデミー賞受賞
21.04.12
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]