韓国旅行「コネスト」 <サッカー>韓国、3-1でマリに勝利…洪明甫監督2勝目。韓国のスポーツニュース
KONEST

<サッカー>韓国、3-1でマリに勝利…洪明甫監督2勝目

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
孫弘敏(ソン・フンミン、21、レバークーゼン)と李青竜(イ・チョンヨン、25、ボルトン)ら主役が活躍し、サッカー韓国代表も快勝した。

韓国代表は15日、天安総合運動場でアフリカのマリ代表と親善試合を行い、3-1で勝った。洪明甫(ホン・ミョンボ)監督の就任後の成績は2勝3敗3分けとなった。ブラジル戦での洪明甫監督の要求は守備だった。しかし今回は攻撃だった。ゴールを決めて勝つことが必要だった。

しかし前半は思い通りにならなかった。激しく攻めていたが、むしろ先制点を許した。前半27分、FKからマイガにヘディングゴールを決められた。前半のマリの唯一のシュートが得点につながった。一方、韓国は11本もシュートをしたが、得点にはならなかった。前半37分、マリDFのハンドで得たPKを具滋哲(ヴォルフスブルク)が落ち着いて決め、なんとか同点に追いついて前半を終えた。

試合の流れは孫弘敏の痛快な一発で変わった。孫弘敏は後半1分、李青竜の縦のパスを胸でトラップした後、痛烈な右足シュートでゴールネットを揺らした。李青竜の正確なパス、瞬間的にDFラインの裏に跳び出した孫弘敏の動きが調和した。Aマッチ20回目の出場となった孫弘敏の5得点目だ。この日のゴールで、孫弘敏は韓国代表での存在感を高めた。

12日のブラジル戦で孫弘敏は後半19分に投入され、約30分間プレーした。しかしマリ戦では先発で出場、後半41分までプレーし、力を十分に発揮した。

李青竜は2アシストをマークした。李青竜は後半11分、ゴール前でドリブル突破し、マリのDFを抜いた後、金甫ギョン(キム・ボギョン、カーディフシティ)に完ぺきなチャンスを作った。金甫ギョンは左足でゴール左隅に確実に決めた。

守備型MFは奇誠庸(キ・ソンヨン、サンダーランド)-韓国栄(ハン・グギョン、湘南)が組み、マリの攻撃を断ち切った。金珍洙(キム・ジンス、新潟)-金英権(キム・ヨングォン、広州)-洪正好(ホン・ジョンホ、アウクスブルク)-李鎔(イ・ヨン、蔚山)はセットピースからの失点を除いて、これといったゴールチャンスを与えなかった。

しかしセットピースでの弱点は、韓国代表が解決しなければならない課題だ。クロアチア戦とブラジル戦に続き3試合連続でFK・CKから失点している。マリ戦でも相手選手を逃して簡単にゴールを許した。

一方、攻撃では洪監督の就任後、セットピースから1ゴールも決めていない。

◆洪明甫監督の言葉=李根鎬(イ・グノ)が前方で空間をうまく作り、他の選手がそのスペースに食い込んだ。アフリカのチームとの対戦では、攻守の切り替えをもう少し速くする必要があると感じた。孫弘敏はよかったが、あまりにも関心が集中するのはよくない。朴主永(パク・ジュヨン)については今後も見ていく考えだ。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2013年10月16日 08:46
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
ストレイキッズのヒョンジン活動休止
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ感染者2日連続300人台
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
伝統家屋「韓屋」の歴史館1日開館
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
週間アクセスランキング
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]