韓国旅行「コネスト」 韓国伝統市場の体感景気4年連続悪化、「大型マート・SSMより景気のせい」。韓国の経済ニュース
KONEST

韓国伝統市場の体感景気4年連続悪化、「大型マート・SSMより景気のせい」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国の「秋夕(チュソク、中秋)のかきいれ時」も、伝統市場の商人が感じる体感景気は2010年から毎年悪くなっていることが明らかになった。15日、市場経営振興院によれば先月の「伝統市場景気動向指数(M-BSI)」は68.6で、昨年の同じ月より0.7ポイント落ちた。9月は秋夕を迎えて祭物・土産販売が活発だが、2010年95.0、2011年80.7、2012年69.3と毎年下落傾向だ。

それでも前月の8月に比べれば27ポイントも上がった。振興院は「秋夕時に流動人口が増えて法事用品やお土産などを購入する顧客が多く、前月よりも体感景気が大きく上昇した」と分析した。だが景気低迷が続いて消費心理が萎縮する中、M-BSIが基準値(100)を超えられずにいる。

市場商人は停滞原因として景気低迷(40.6%)を最も多く挙げた。消費が減少する時期(19.0%)という回答が後に続いた。全体的な消費沈滞のためという回答が半分をはるかに超えたのだ。

大型マート・企業型スーパー(SSM)のためだという回答は13.6%にとどまった。振興院は全国伝統市場の1306店舗を対象に実際に景気をどう感じるのか電話で調査し、M-BSIを測定した。この指数が100だと体感景気を「普通」と見ることができる。

しかし販売業種によって原因をとらえる見方に大きな違いが生じた。景気低迷によって売り上げが悪くなったという意見は衣類・靴(44.8%)や家庭用品(43.4%)の商人が多かった。市場内の農産物店舗は大型マート・SSMのせいだという意見が44.5%で景気低迷(29.3%)、消費減少(13.5%)よりもはるかに比重が高かった。畜産物の商人も大型マート・SSMのためだという意見が27.8%で景気低迷(27.4%)、消費減少(23.7%)と類似していた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2013年10月16日 09:50
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
ソウル市の人口が1千万人以下に
ピクサー、韓国おばあさん主題アニメ
APRIL「メンバー間いじめ」論争
オリンピック公園にKPOPスタジオ
新規コロナ感染者数444人
アストラゼネカ 高齢者への接種検討
「ザ現代ソウル」に瑞典SPA1号店
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
21.02.25
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]