韓国旅行「コネスト」 8月の鉱工業生産 前月比1.8%増=韓国 。韓国の経済ニュース
KONEST

8月の鉱工業生産 前月比1.8%増=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【世宗聯合ニュース】韓国統計庁が30日発表した産業活動動向によると、8月の鉱工業生産は製造部門がやや改善し、前月に比べ1.8%増加した。

 増加幅は昨年11月(2.1%増)以来最大。景気鈍化は1~3月に底打ちし、回復軌道に乗り始めたとの見方が強い。

 鉱工業生産は1月から3月までマイナスを記録した後、4月に0.5%のプラスに転じた。5月が0.2%減、6月が0.6%増、7月は再びマイナスと、小幅ながら増減を繰り返してきた。

 8月はサービス業が0.7%増、建設業が0.1%増、公共行政が1.2%増を記録し、全産業の生産は1.0%増となった。現在の景気状況を示す一致指数の循環変動値は前月より0.2ポイント上昇し、今後の景気を予測する先行指数は0.3ポイント上昇した。

 製造業の生産を業種別にみると、自動車(前月比18.9%増)、映像音響通信(同11.1%増)、半導体および部品(同1.8%増)などが増え、全体で1.8%増加した。

 製品出荷は、自動車(12.1%増)、半導体および部品(3.0%増)、映像音響通信(12.2%増)の増加で前月より2.3%拡大した。国内向け出荷は2.9%、輸出向け出荷は1.5%、それぞれ増加した。

 製品在庫は前月より0.2%改善した。石油精製(14.6%減)、化学製品(3.0%減)などの在庫減少が影響した。

 サービス業生産は前月比0.7%増加した。下水・廃棄物処理(3.8%増)、芸術・スポーツ・余暇(3.7%増)などは増えたが、協会・修理・個人(4.2%減)、専門・科学・技術(1.2%減)などは減少した。

 設備投資は前月比0.2%、前年同月比4.6%それぞれ増加した。建設受注は住宅などが振るわず、1年前より11.5%減少した。

 統計庁関係者は、「自動車業界のストライキの反動や工場増設、携帯電話業界の新製品出荷効果などがあいまって鉱工業生産の増加幅が高水準を記録した。また、先行指数が5カ月連続上昇を示し、局面転換の兆しをみせている」と説明した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2013年09月30日 09:13
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
BTSのツアー映画 米授賞式で受賞
韓国国防部、将兵への粗末給食認める
21日 次期防疫レベルを発表
文大統領 民主主義、コロナ克服に
韓国の新規コロナ感染者528人
鬼滅の刃 累積観客200万人突破
BTS 米番組のコンサートで一番手
AZ製ワクチン接種の50代警官死亡
IUが総額5億ウォンを寄付
ロッテ免税店ネット会員が70万人増
週間アクセスランキング
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
21.05.13
7月から新しい防疫基準を適用
21.05.12
女児虐待死事件 養母に無期懲役判決
21.05.14
IUが総額5億ウォンを寄付
21.05.17
韓国ビール「TERRA」の輸出開始
21.05.12
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]