韓国旅行「コネスト」 <空港ラウンジ>雪が降るとなぜ飛行機は遅れるの?。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

<空港ラウンジ>雪が降るとなぜ飛行機は遅れるの?

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
雪が降った22日、仁川(インチョン)空港では航空機80便余が予定時刻に出発することができなかった。 大雪注意報が出された前日の場合、予定時刻に出発できなかった航空機が120便余にのぼった。

なぜ雪が触れば飛行機は適時に出発できないのか。 自動車のように路面(滑走路)が滑るために遅れるのか。

ほとんどの国際空港は、除雪液や結氷防止剤を利用して滑走路の雪を除いている。 このため滑走路に雪が積もることはほとんどない。

出発が遅れるのは、飛行機に凍りついた雪を取り除くためだ。 ‘デアイシング’(De−icing)と呼ばれるこの作業は普通1機当たり30分以上かかる。

飛行機はエンジンの力のほか、翼の上下を空気が通過しながら生じる気圧差(揚力)を利用して離陸する。 しかし飛行機の表面に雪がついている場合、空気の流れが不規則になり、十分な揚力を得るのが難しくなる。

航空専門家らは「飛行機も重くなるため、最悪の場合、離陸できず墜落することも考えられる」と説明する。

仁川空港にはターミナル周辺の2カ所に飛行機の雪を取り除く施設がある。 飛行機は乗客を乗せた後、ここに移動し、雪を取り除く。 乗客を乗せる間にも雪が積もるからだ。

デアイシングの過程は自動車の洗車を想像すればよい。 飛行機の表面に温められたデアイシング溶液をかけた後、特殊装備を使って洗い落とす。 その後、表面が凍らないよう特殊溶液を塗る。

デアイシング作業を終えた後、離陸してしまえば飛行には問題がない。 飛行機は雲の上を飛ぶため、雨や雪の影響をほとんど受けないからだ。

姜甲生(カン・カプセン)記者
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年01月23日 14:05
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
海外で韓国のチョコパイが人気
電動キックボード 原付き免許必要に
今月の少女、文化海外広報大使に就任
全斗煥元大統領が控訴審初公判を欠席
釜山ワンアジアフェス1300万視聴
韓国の新規コロナ感染者463人
中小企業44%が「コロナで二極化」
INFINITEソンジョン兵役終了
新海誠監督のアニメ映画 全作上映へ
ユン・ヨジョン 8日に凱旋
週間アクセスランキング
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
21.05.06
ワクチン接種も278人がコロナ感染
21.05.04
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
21.05.06
ワクチン接種者 きょうから隔離免除
21.05.05
済州航空日本線の取消変更1回無料に
21.05.07
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]