韓国旅行「コネスト」 韓国自殺率 6年ぶり低下も依然OECD平均の2倍超 。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

韓国自殺率 6年ぶり低下も依然OECD平均の2倍超

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【世宗聯合ニュース】韓国統計庁が25日発表した2012年の死因統計によると、昨年の自殺者数は1万4160人で前年比11.0%減少した。1日平均では38.8人と、前年(43.6人)に比べ5人ほど減った。

 自殺率は人口10万人当たり28.1人で、2006年以来、6年ぶりに低下した。自殺者数は2002年には8612人だったが、社会の二極化が進んだことなどから2007年は1万2174人、2010年には1万5566人と急増した。

 昨年の自殺者数の減少は、有名人の自殺報道を受けて後追い自殺が増える、いわゆる「ウェルテル効果」が起こらなかったためと分析される。有名人が自殺すると直後の1~2カ月は自殺率が高くなる傾向にあるが、昨年は有名人の自殺がほとんどなかった。また、電話相談窓口や自殺予防センターの設置、自殺に使われやすい除草剤の販売禁止なども奏功した。

 だが、経済協力開発機構(OECD)標準人口で算出した韓国の自殺率は10万人当たり29.1人で、OECD平均(12.5人)の2.3倍に達した。

 一方、昨年の韓国の死亡者数は26万7221人で、関連統計を取り始めた1983年以降で最も多くなった。前年に比べ男性は2.9%、女性は5.0%、それぞれ増加した。

 粗死亡率は10万人当たり530.8人で、前年比17.1人(3.3%)増えた。3年連続で増加している。

 死因の1位はがんで死因全体の27.6%を占めた。次いで心疾患(9.9%)、脳血管疾患(9.6%)の順。この三つで死因全体の47.1%を占めている。4位は自殺、5位は糖尿病だった。また、高齢化に伴い、肺炎など呼吸器疾患による死亡率が前年比13.7%急増した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2013年09月25日 15:50
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者数356人
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
コロナ防疫レベル2週間据え置き
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]