韓国旅行「コネスト」 <大リーグ>林昌勇のメジャー初球後に球審が指摘…何が問題?。韓国のスポーツニュース
KONEST

<大リーグ>林昌勇のメジャー初球後に球審が指摘…何が問題?

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
林昌勇(イム・チャンヨン、37、シカゴ・カブス)が8日(日本時間)、ミルウォーキー戦でホールトンにメジャーでの初球を投げると、球審はしばらく試合を中断させた。続いてカブスのベンチにサインを送った。捕手カスティーヨはマウンドに来て何か説明した。林昌勇は分かったというようにうなずいた。

いったい何があったのか。林昌勇は試合後、「一つ学んだ」と言って笑った。ボールに唾を塗る行動が問題になったということだ。ボールに唾やワセリンを塗って投げる「スピットボール(spitball)」は一般的な投球と違う形で動く。このためメジャーは1920年から「スピットボール」を反則投球と規定し、それまで「スピットボール」を使用した17人の投手に限り許可した。昨年は韓国プロ野球でロッテのイ・ヨンフンがボールに口をつけるような姿のため「スピットボール」を投げるのではという誤解を受けたりもした。

林昌勇はこの日の状況に関し、「唾を塗ることで指摘を受けた。マイナーリーグでも指摘を受けたことがある」と説明した。投手はボールが滑ったり、指が乾燥するのを防ぐため、唾を塗る習慣がある。もちろんすぐに唾を拭かなければならない。林昌勇は「マウンドの下で塗って拭けばよいが、マウンドの上でするのが問題だった」と説明した。

韓国ではマウンドの上でも唾を塗って拭けばそれほど問題にしない。夢に見たメジャーのマウンドを踏んだ初日、韓国と米国の野球文化の違いによる小さなハプニングだった。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2013年09月09日 11:28
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
今月29日に BTS特別トーク番組
BTSのJ-HOPE ソロ曲を公開
ネイバー 東大門服の日本販売を支援
小規模事業者など支援金 雇用創出へ
新規コロナ感染者数344人
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
ストレイキッズのヒョンジン活動休止
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
週間アクセスランキング
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]