韓国旅行「コネスト」 韓国語能力試験 来年から科目減り試験回数増加 。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

韓国語能力試験 来年から科目減り試験回数増加

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国語を母語としない外国人らを対象に韓国語能力を測定する韓国語能力試験(TOPIK)の初級クラス試験科目で、語彙(ごい)・文法、書き取りが廃止される。TOPIKを実施する韓国国立国際教育院は5日、試験科目を減らし年間の試験回数を増やすなど、韓国語学習のハードルを下げる内容を盛り込んだ改編案をまとめたと明らかにした。来年下半期から適用するため公聴会を開くという。TOPIKが大々的に改編されるのは今回が初めて。

 TOPIKは1997年にスタートし61カ国・地域の192都市で実施されている。

 試験レベルは初級・中級・上級に分かれ、等級は初級が1~2級、中級が3~4級、上級が5~6級。語彙・文法、書き取り、聞き取り、読解の科目で評価される。

 今回の改編案では、語彙・文法を個別に出題せず、書き取り、聞き取り、読解のそれぞれの科目に含め、評価科目を四つから三つに減らした。書き取りでは選択問題を出さずに単純な書き取り問題のみとした。

 韓国語を学ぶ初級者にとって書き取りが難しいという点を踏まえ、初級では書き取りを行わず読解と聞き取りのみ行う。

 また、上級を廃止し、初級と中級のみとした。等級は現在と同じく6級まで設けるが、初級は1~2級、中級は3~6級になる。

 試験回数も現在の1、4、7、10月の年4回から6回に増やす。

 TOPIK応募者は初回の2274人から今年10月の第32回には約6万7500人と、16年で30倍近くに増えた。今年1月の第29回試験では累計応募者数が100万人を超えた。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2013年09月05日 14:00
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ感染者2日連続300人台
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
伝統家屋「韓屋」の歴史館1日開館
「5G」加入者 1300万人に迫る
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
コロナ防疫レベル2週間据え置き
週間アクセスランキング
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]