韓国旅行「コネスト」 韓国映画の快進撃…歴代最大興行の理由は?。韓国の芸能ニュース
KONEST

韓国映画の快進撃…歴代最大興行の理由は?

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
今夏の韓国映画の驚くべき興行にはどんな理由があるだろうか。

映画評論家キム・ポンソク氏は「『雪国列車』と『ザ・テロ・ライブ』、そして『かくれんぼ』と『風邪』がそれぞれ同日に封切りして観客の好奇心を刺激することに成功した。明らかに異なった素材だけでなく、ターゲット層が明確に区別される作品が正面対決を繰り広げ、それぞれの観客を引き込むことにも支障がなかった」としながら「何よりもこの映画が全て多様なイシューをつくり出しているという事実にも注目しなければならない。キャスティングや素材、その他の要素を活用して観客の視線を引きつけるマーケティングを展開した。以前はマルチプレックスに来ても特定のヒット作品1、2本がスクリーンを掌握していたが、この頃は多様な映画を一つの場所で選んで観ることができるのが良い。このため小さな映画の上映場所がさらに減るという副作用があるので、この部分さえ解決できれば完ぺきなマルチプレックスになるだろう」と話した。

ロッテシネマのイム・ソンギュ広報チーム長も「いわゆる『大当たり』というだけのことがあった韓国映画の“はえ縄漁業”は、2009年の『TSUNAMI-ツナミー〔原題:海雲台(ヘウンデ)〕』と『国家代表!?』のケースのほかに浮かばない。4作品が同時にこれほど多くの観客を動員する例は見たことがない」と驚いた。また「強力な外国映画がなかったという点もやはり韓国映画の上昇の勢いを支える要素として作用した。最近は韓国映画があまりにもうまくいっているために、むしろ外国映画の配給会社側から韓国映画を避けた公開予定にしている傾向だ。韓国映画が外国映画を避けた封切り日を狙う作戦を展開していた過去とは明確に異なる雰囲気」と付け加えた。

韓国映画4作品のビッグヒットで劇場の売り上げもやはり急増した。イム課長は「7月は『Mr.GO』が予想外に惨敗するなどヒット作がなくて劇場の売り上げが昨年に比べ落ちていた。だが8月にあまりにも多くの観客が来て不振を挽回し、相当な利益を上げた」としながら「首都圏の場合、梅雨が長く雨がひどく降って劇場を訪れる観客も減り不安だったが、その後は野外活動が大変なほどの暑さになり観客流入率が再び高まった。その時ちょうど良質の映画が公開され、うわさが広がりながらより多くの観客を呼び込むことができた」と分析した。

遊びの複合空間として浮上しているマルチプレックスの発達も、観客流入率に影響を及ぼしたと見られる。マルチプレックスが主にショッピングモールや繁華街に位置しており映画だけでなく多様な遊びの種を提供しているためだ。映画界のある関係者は「コンサートやミュージカルなどの公演に比べ、非常に安いチケット代を支払って半日以上も楽しい時間を過ごせるので負担もない」としながら「40代の中年観客だけでなく近頃は50・60代の観客もマルチプレックスを訪れて映画を観て知人たちと食事をするなど映画鑑賞の文化を楽しんでいる。観客の年齢層が幅広くなる現象も、やはり個性の違う映画が同時に興行成功をおさめることに影響を及ぼしたと見られる」と伝えた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2013年08月29日 10:20
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者416人
ワクチン接種 開始9日で30人万超
「社会的距離」草案4段階に簡素化へ
ホン・サンス監督ベルリン脚本賞受賞
電車でハンバーガー食べた女性を立件
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
週間アクセスランキング
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
21.03.04
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]