韓国旅行「コネスト」 韓国実用衛星打ち上げが成功 軌道進入を確認 。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

韓国実用衛星打ち上げが成功 軌道進入を確認

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ヤースヌイ(ロシア南西部)聯合ニュース】韓国の多目的実用衛星「アリラン5号」の打ち上げ成功が最終的に確認された。韓国未来創造科学部と韓国航空宇宙研究院が23日、明らかにした。

 アリラン5号は22日午後11時39分(現地時間午後8時39分)、ロシアのヤースヌイ宇宙基地から同国のドニエプルロケットで打ち上げられ、32分後に南極にあるノルウェーの基地との交信に成功した。打ち上げから約4時間後、米戦略軍統合宇宙作戦センター(JSpOC)はアリラン5号を軌道上物体と認識し、監視を開始した。さらに23日午前5時35分ごろ、韓国・大田市にある韓国航空宇宙研究院の地上局との初交信を通じ、衛星が全般的に良好な状態であることを最終確認した。

 アリラン5号は、悪天候や夜間でも高解像度で地球を観測できる合成開口レーダー(SAR)を韓国で初めて搭載した全天候地球観測衛星。5年間にわたり、550キロの上空で災害の監視や資源利用実態の把握などを行う予定だ。北朝鮮の核施設の監視にも活用できると期待されている。

 今後は軌道を調整し、半年ほど軌道上で衛星の機能テストなどを行った後、本格的に運営される。地球を1日2回周回する。これで韓国は、アリラン2号、3号、5号による朝鮮半島観測システムを構築することになる。

 未来創造科学部は「アリラン5号の映像を光学観測衛星の映像と組み合わせて全天候地球観測が可能な映像を活用、販売することで、高付加価値を生み出せる」と説明した。大規模な災害時に正確な情報を迅速に提供し、財産と人命被害を軽減するなど、社会・経済的コストの削減につながるとの期待を示した。

 政府は多目的衛星の開発を続ける方針で、早ければ来年、次世代中型衛星の開発に着手することを検討中という。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2013年08月23日 09:12
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者数356人
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
コロナ防疫レベル2週間据え置き
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]