韓国旅行「コネスト」 連日の熱帯夜で患者急増 昨年比69%増加=ソウル 。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

連日の熱帯夜で患者急増 昨年比69%増加=ソウル

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】今夏、ソウルで最低気温が25度以上の熱帯夜が22日あり、過去最多だった1994年(36日)に次ぐ水準になっている。寝苦しい夜が続く中、熟眠できずに翌朝に虚脱状態に陥るなどの「温熱疾患者」が続出している。ソウル市消防災難本部によると、今年初めて猛暑注意報が発令された6月29日から今月21日まで(14日間発令)、市内で計355人の温熱疾患者が発生した。

 猛暑注意報が16日間出された昨年の210人に比べ約69%増えた。同本部関係者は「最も暑い正午から午後2時の間に患者が多いと思われがちだが、熱帯夜で睡眠をとれずに疲労がたまり、翌朝に倒れるケースが増えている」と説明した。

 症状別では目まいなどを伴う虚脱状態が301人、嘔吐(おうと)・けいれんなどの症状が出る熱射病が50人、失神が3人などだった。286人はその場で手当てを受けて好転したが、69人は病院に運ばれ治療を受けた。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2013年08月22日 09:57
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者658人
きょうから都市部で制限速度引き下げ
セウォル号沈没事故から7年
JYPがオーガニック化粧品に出資 
政府11月まで集団免疫獲得目標維持
南陽乳業に「株価操作」の声
政府報告書「内需不振の緩和」に言及
大統領候補の支持率前検事総長25%
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
パクソジュンら主演映画クランクイン
ハイライトが来月3日にミニ盤発表
週間アクセスランキング
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
21.04.15
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
21.04.15
パクソジュンら主演映画クランクイン
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]