韓国旅行「コネスト」 2013韓日競輪対抗戦、2次選抜戦の勝者は誰?。韓国のスポーツニュース
KONEST

2013韓日競輪対抗戦、2次選抜戦の勝者は誰?

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
「キム・ミンチョルの首位固めか、イン・チファンの追撃か」。競輪国家代表を選ぶ2013年韓日競輪対抗戦2次選抜戦を控え、関心が集中している。

国民体育振興公団競輪競艇事業本部は韓日競輪対抗戦(11月開催)に向けた韓国代表選手2次選抜戦を8月9日から11日まで3日間行う。7月に行われた1次選抜戦では、湖南チームの帰ってきた“キラー”キム・ミンチョル(34、8期)が予選・準決勝・決勝で3連勝し、総合成績1位となった。キム・ミンチョルは過去にリーグ最強選手らの連勝をストップさせ、キラーと呼ばれている。

キム・ミンチョルは第1戦で3回とも1位でゴールした。2010年末、練習中に転倒し、脳出血で選手生命にかかわる大けがをしたキム・ミンチョルにとって、価値のある3連勝だ。

キム・ミンチョルの後に続き、2011年競輪訓練院を首席で卒業した新鋭パク・ヨンボム(25)と湖南チームの強豪ノ・テギョン(30)が後を追っている。今年勝率1位のイン・チファン(30)はキム・ベヨン(35)、パク・ビョンハ(32)に続く6位、イ・ミョンヒョン(29)は14位。

今回の2次選抜戦の観戦ポイントはイン・チファンだ。イン・チファンは今年、最高の成績で7人制競輪の強者に浮上したが、選手が1人が増えた8人制には適応できなかった。2次選抜戦でイン・チファンが8人制への適応力を見せられるかどうかが変数となる可能性が高い。一部の専門家はイン・チファンがデビュー後、適応に2シーズンかかった点を挙げながら、8人制への適応も悲観的に見ている。

一方、通算9回目となる2013韓日競輪対抗戦は11月1日から3日間、光明スピードームで開催され、7人制ではなく、韓日選手各4人ずつ出場する8人制方式で行われる。両国代表選手16人ずつ計32人が出場し、全12ラウンドで最終優勝者を決める。3次選抜戦は9月27日から3日間開かれ、3次の点数を合計し、上位20人(候補4人含む)を選抜する。

2012韓日競輪対抗戦は日本の伊東温泉競輪場で開催された。韓国からは最終決勝戦にイ・ミョンヒョン、キム・チボム、チェ・スンヨン、キム・ヨンソプの4人が進出したが、1・2位は日本グランプリチャンピオンだった村上義弘、神山拓弥で、イ・ミョンヒョンは3位に終わった。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2013年08月02日 09:52
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
女児虐待死事件 養母に無期懲役判決
BTS、米人気雑誌の表紙飾る
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
BTS「フレンズ」特別編ゲスト出演
新規コロナ感染者2日連続700人超
ポン・ジュノ監督 アニメ映画制作へ
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
コロナ自主隔離中に抜け出し実刑判決
KAISTがグローバル企業に選出
がん闘病中のBoA兄、応援に感謝
週間アクセスランキング
海外で韓国のチョコパイが人気
21.05.11
済州航空・機内食カフェがオープン
21.05.11
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
21.05.13
7月から新しい防疫基準を適用
21.05.12
BoAの兄が腹膜がんを告白
21.05.11
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]