韓国旅行「コネスト」 在韓米軍駐留経費負担3回目交渉 負担額めぐり攻防 。韓国の政治ニュース
KONEST

在韓米軍駐留経費負担3回目交渉 負担額めぐり攻防

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国と米国が25日にソウルで、来年から適用される在韓米軍駐留経費負担(思いやり予算)に関する新たな特別協定(SMA)の締結に向けた2回目の高官級協議を開いた。

 前日に始まった今回の協議では、韓国側の来年の負担総額が集中的に話し合われた。米国は国防予算の削減や駐留経費の公平分担原則、北朝鮮の脅威増大などを理由に、韓国の負担総額を1兆ウォン(約900億円)以上に増やすよう主張したもようだ。

 これに対し韓国は、在韓米軍に支援する直接・間接費用が相当な額に上ると反論。来年の負担総額の上げ幅を昨年の物価上昇率程度に抑えるよう求め、総額を8886億ウォン前後で提示したとみられる。

 こうした溝を埋めるため、双方は駐留経費の増減要因を項目別に分析し、交渉を進めた。

 年間の駐留経費負担は、基準となる総額に対し年ごとに引き上げ率を適用して決める。この引き上げ率をめぐっても韓米の見解が食い違っている。

 2009~2013年対象の第8次協定の場合は、前々年の消費者物価指数の上昇率を引き上げ率(最大4%)とする。韓国は新協定でもこの程度の引き上げ率を提示したもようだが、米国は上方修正の必要性を強調したと伝えられる。ただ、来年の負担総額が今年(8695億ウォン)に比べ大幅に拡大すれば、引き上げ率が例年並みに抑えられるとの見方もある。韓国政府筋は「引き上げ率よりも、基準になる総額をどうするかが優先」と話した。

 韓国はこのほか、支払い済みの駐留経費負担のうち未使用分に対する透明な使用計画を提示するよう求めたようだ。

 双方は来月下旬に米国で3回目の高官級協議を開き、交渉の進展を図る予定。

 韓米両国は1991年から、在韓米軍の駐留経費に関する「防衛費分担特別協定」を2~5年おきに締結してきた。来年以降の新たな協定は年内に締結しなければならない。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2013年07月25日 11:42
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者658人
きょうから都市部で制限速度引き下げ
セウォル号沈没事故から7年
JYPがオーガニック化粧品に出資 
政府11月まで集団免疫獲得目標維持
南陽乳業に「株価操作」の声
政府報告書「内需不振の緩和」に言及
大統領候補の支持率前検事総長25%
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
パクソジュンら主演映画クランクイン
ハイライトが来月3日にミニ盤発表
週間アクセスランキング
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
21.04.15
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
21.04.15
パクソジュンら主演映画クランクイン
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]