韓国旅行「コネスト」 梅雨の長雨、さらに1週間続く予想=韓国。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

梅雨の長雨、さらに1週間続く予想=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
 韓国の首都圏や江原(カンウォン)地域に多くの雨を降らせた梅雨が、来週中盤までさらに1週間以上続く見通しだ。中部地方はすでに多くの雨で地盤が弱くなった状態で、さらなる被害が憂慮されている。

 気象庁は15日発表した週間予報では、梅雨前線の影響で中部地方は17日まで多くの雨が降った後、18~20日には小康状態になると展望した。しかし日曜日の21日は梅雨前線が再び南下しながら中部地方に多くの雨を降らせ、22~23日には全国的に雨が降ると予想した。特に23日には済州道(チェジュド)と南部地方を中心に多くの雨が降る見通しだ。

 気象庁のホ・ジノ通報官は「中国の渤海湾付近まで北上した梅雨前線が一時南下しながら17日午前までに中部地方を中心に雷・稲妻を伴い1時間あたり30ミリ以上の強い雨が降って、一部地域は最高150ミリの雨が降る」と話した。

 これに伴い気象庁は16日、首都圏と江原・忠清(チュンチョン)の一部地域に豪雨予備特報を出した。首都圏・江原地域は17日明け方、忠清地域は17日朝に豪雨特別警報が発令されると予想されている。

 中部地方とは違い、南部地方では最近1週間、猛暑が続いている。大邱(テグ)・釜山(プサン)と済州地域は平年の降水量に満たない少雨だ。済州は初期の日照りで豆・ゴマ・陸稲など夏作物の生育の不振被害が一部にあらわれている。その一方ソウルは先月17日に梅雨が始まって以来、今月16日午後3時までに457.6ミリの雨が降った。これは中部地方の梅雨期の平均降水量(1981~2010年)の366.4ミリよりも24.9%多い。春川(チュンチョン)地域は同じ期間に711.1ミリの雨が降って平年降水量の2倍に肉迫した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2013年07月17日 09:08
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者数356人
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
コロナ防疫レベル2週間据え置き
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]